石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

変異株には地域で“違い”か…それでも専門家が「ワクチンは受けた方が絶対に良い」と断言する理由

04/07(水) 19:47配信

この記事を

 新型コロナの感染拡大と共に広まっているのが変異ウイルスです。同じ変異ウイルスでも地域による違いがある可能性が高いということがわかっています。

 それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。日本医科大学の北村義浩特任教授に伺いました。

 大阪で感染が広まっている変異ウイルスの特徴は感染力が強いことです。従来のウイルスに比べ感染力は最大で1.7倍だということです。

 一方、東京で広がっている変異ウイルスにはいま打ち始めているワクチンが効きにくくなる可能性があるという特徴があります。

 ワクチンが効きづらいと聞くと不安に思いますが、北村特任教授はこのように話しています。

北村さん:
「特殊なウイルスと戦うたんぱく質が体の中で出来るときの抗体の強さ・弱さをお話ししたのであって、免疫っていうのは必ずしも抗体だけで行われているわけじゃなくて、細胞性免疫などと呼ばれる全く別のタイプもありましてワクチンの力で両方ともアップする。ワクチンは受けた方が絶対に良いということになります」

県内ニュース一覧へ戻る