石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

“暖冬”も影響か…石川県内の今年上半期に発生した『労災』件数 去年より2割以上減少

10/07(月) 12:21配信

この記事を

 石川県内で今年の上半期に発生した労働による災害、いわゆる「労災」の件数は去年より2割以上減っていることが石川労働局の調査で分かりました。

 石川労働局によりますと、今年1月から6月までに県内で発生した労災の件数は526件で、去年の同じ時期より161件少なくなりました。

 去年は1月から2月にかけて大雪による転倒事故が相次いだことから、労働局は、今年の暖冬が災害件数の減少につながったとみています。

 また、今年7月と8月に発生した労災の件数は速報値で129件と、過去最も少なかった2016年を下回っています。

 厚生労働省は10月1日から7日までを全国労働衛生週間に定め、担当者が事業所を回って労働の環境などをパトロールしています。

県内ニュース一覧へ戻る