石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

雪による視界不良や凍結で…自動車専用道路でスリップ事故等6件相次ぐ 石川県内各地で断続的に雪

 強い冬型の気圧配置となった石川県内は各地で断続的に雪が降っています。路面が凍結するなどスリップ事故が相次いでいて、のと里山海道では一部で通行止めとなりました。

 県内は上空にマイナス36度以下の強い寒気が流れ込み、各地で断続的に雪が降っています。

 気温は日中になっても上がらず、午前11時時点の気温は七尾で氷点下0.9度、小松で1.1度、金沢2.8度など各地で厳しい冷え込みとなっています。

 雪による視界不良や路面が凍結したことなどの影響で、のと里山海道では車の追突事故などが6件相次ぎました。このため柳田ICから上棚矢駄ICまでの下り線が一時通行止めとなりました。

 気象台によりますと、この後も雪は降り続き、13日午前6時までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで加賀の平地で15センチ、山地で40センチ。能登の平地で10センチ、山地で20センチと予想しています。

 強い冬型の気圧配置は14日まで続く見込みで、降り方によっては警報級の大雪となるおそれがあるということです。

最近のニュース