石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

星稜は無念の辞退…高校野球石川県大会準々決勝始まる 春・夏の覇者がそれぞれベスト4入り果たす

 星稜高校が新型コロナの影響で大会辞退と言う残念なことになりましたが、夏の高校野球石川大会は21日から準々決勝です。

 春の大会の覇者・小松大谷は津幡と、去年の夏の独自大会覇者・日本航空石川は小松商業と対戦しました。

 小松大谷は初回、2アウトから3番東出がエラーで出塁すると4番奧野。レフト線へツーベースヒットを放ちチャンスを作ります。

 そして5番吉田創登。センター前にはじき返し小松大谷が2点を先制します。

 津幡は3回。1番キャプテンの浅賀がツーベースヒットでチャンスを作ると、三塁へ。4番森林の打球がエラーを誘い1点を返します。

 しかし小松大谷は4回4番、奧野がレフトスタンドに飛び込むソロホームランを放ち、津幡を引き離します。

 投げては先発の吉田が4回以降、三塁を踏ませない見事なピッチング。小松大谷がベスト4一番乗りを果たしました。

 第二試合は、航空石川が小松商業を9対2の7回コールドで破り、ベスト4入りを決めました。

 22日は星稜高校が辞退したため、金沢高校と鵬学園の1試合のみとなります。

最近のニュース