石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

エース野口“奪三振ショー”…高校野球石川大会に2年前の甲子園準V星稜が登場 1対0で初戦突破

 夏の高校野球石川大会。大会3日目の12日は2年前の甲子園で準優勝した星稜高校が登場しました。

 星稜高校、初戦の相手は鶴来高校です。ピッチャーは3年生エースの野口。5回まで1本のヒットを許すも、6つの三振を奪い、好投を続けます。

 そして5回ウラ。星稜の攻撃。センター前への二塁打で出塁した永井を三塁において3番・黒川が外角高めの変化球をうまく合わせ、左中間へタイムリーツーベース、1点を先制します。

 ちなみに今年は新型コロナの感染対策のため、応援に使える楽器は太鼓1つに限られていて、ブラスバンド部の星稜コンバットによる応援は封印です。

 その後は両チーム得点できない中、星稜エースの野口が奪三振ショー。結局、野口は合計11個の三振を奪い、1対0で鶴来に完投勝利。星稜が初戦を突破しました。

 県立野球場で行われた3試合では、星稜、鵬学園、遊学館が2回戦進出です。

最近のニュース