石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

一部は復旧に数日か…大雪による倒木が道路を寸断 住民“孤立状態”に 停電続き「暖房使えない」

01/11(月) 18:37配信

この記事を

 大雪で、石川県宝達志水町の山あいでは雪の重みで木が倒れて道路をふさぎ、一部の地区が孤立状態となっています。

(リポート)
「木が倒れて道をふさいでいます」

 孤立状態となったのは宝達志水町の清水原地区や原地区など18世帯36人です。

 このうち3世帯7人が暮らす清水原地区は倒れた木が電線を寸断。停電の状態も続いています。懸命の復旧作業でまずは人が通れるようになり、住民にけが人はいませんでした。

住民:
「(停電は)おととい夜8時半ごろから。昨日も復旧してもらったが、今朝また木が6本倒れて通れなくなった」

別の住民:
「暖房も使えない。電気が来ないので。(家族を)介護していて、今日病院で泊まる予定だったが行けなくなった」

 町によりますと、清水原地区の孤立状態は11日午後4時ごろ解消されたということです。

 一方、20人余りが住む原地区の復旧は数日かかる見通しだということです。

県内ニュース一覧へ戻る