石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

全国から約560億円寄せられる…石川県庁で2回目の義援金配分委員会 住宅の一部損壊等の人にも配分へ

全国から寄せられた約560億円の善意の配分が決まりました。全壊となった人には総額100万円、これまで配分対象外だった半壊未満の住宅にも義援金が配られます。

2日、県庁で開かれた2回目の義援金配分委員会。すでに配分が決まっている126億円に加え新たに300億円の配分を決めました。人的被害については亡くなった人や行方不明の人にはすでに配分が決まっている20万円に加え追加で一律80万円を配分。住宅被害については、全壊した人に80万円を追加で配分するほかこれまで対象外だった、準半壊、一部損壊の人にもそれぞれ10万円と3万円が配分されます。

今回の決定について輪島市民に聞いてみると…

輪島市民:
「」

1次配分が届いていない人もまだ多く、県は全国から寄せられた善意がいち早く被災者に届くようこれまで以上にスムーズな処理が求められます。

それでは、改めて今回決められた義援金の配分について詳しくお伝えします。

今回決められたのは、300億円の配分です。

これまでは、住宅が全壊した場合に20万円。大規模半壊から半壊までで15万円から5万円が段階ごとに配られる事が決まっています。

そして今日決まった2次配分。全壊は80万円を追加、大規模半壊から半壊は60万円から20万円が追加されます。また、これまで対象外だった準半壊に10万円、一部損壊に3万円が配分される事になりました。

ただ問題はこの配分金がまだ被災者の手にほとんど届いていないという事です。オンライン申請でいち早くした人も一律の5万円は振り込まれましたが住宅被害についてはまだ振り込まれていないそうです。被災者の生活再建を進めるためにもせっかく頂いた善意をできる限り早く届けてほしいと思います。

最近のニュース