石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

避難所から応援ツアー、七尾のバスケチーム《金沢武士団》地震後初の公式戦「勇気になった」

2月3日に開催された、七尾市を本拠地とするプロバスケットボールチーム「金沢武士団(かなざわさむらいず)」の公式戦。被災した住民は特別な思いで迎えました。

岐阜で開かれたB3リーグの公式戦。金沢武士団にとって1カ月ぶりの公式戦です。ブースターは特別な思いでこの日を迎えました。

元日に発生した能登半島地震。七尾市では震度6強を観測し、武士団の練習拠点となっている田鶴浜体育館は避難所となりました。

地震発生後すぐ、選手やスタッフは避難所の運営や炊き出しなどを行ってきました。

地震後、1カ月ぶりとなる公式戦。避難所にはバスが用意されました。そこに書かれていたのは「金沢武士団アウェイ応援ツアー」

参加者:
息抜きがしたくて、ぜひ(行きたい)ということで。力いっぱい、ぜひ勝ってほしいです。

坂口美由紀さんもその一人です。

坂口美由紀さん(田鶴浜体育館で避難生活):
炊き出しとかしていただいて。皆さんすごい良くしてくれて、手伝ってくれたので。勇気づけられたので、きょうは逆に応援で選手を後押ししたいなと思います。

今も避難生活を送っている人が続々と乗り込みます。

一方、試合会場には、特別に石川の名産品を販売するスペースが設けられ、長蛇の列に。

岐阜ブースター:
全部おいしそうですよね。これを買うことによって少しでも(被災地の)お力になれるんだったらと思って買わせていただきました。

岐阜ブースター:
義援になると思って買った。あと能登の魚はおいしいので、ぜひ食べてみたいなと思って。もとは(岐阜)スゥープスファンなんですけど、お互いに頑張って、つばぜり合いするような試合をみせてもらいたいです。

記者:
午後2時15分、およそ5時間かけて、七尾市田鶴浜の皆さんを乗せたバスがやってきました。

この日のために駆けつけた40人の応援団です。

――岐阜に来た気持ちは?
坂口美由紀さん(田鶴浜体育館で避難生活):
正直、別世界って思います。現実と離れている。まだちょっと前向きになれていないというところもあって(参加するか)迷ったんですけど、選手のがんばっている姿を見たいですし、元気もらいたいので、いい機会だなと思って。

試合開始です。早速、金沢武士団の選手が躍動します。

満足な練習ができなかった選手たち。それでも、気迫あふれるプレーで観客を沸かせ、リードを保ったまま、最終クオーターへ。

相手のシュートが高確率で決まり、金沢武士団は逆転を許します。被災地から駆けつけたブースターも声をからしますが、1カ月ぶりの公式戦は1点差で敗れました。

それでも、七尾から来た人たちは――。

参加者:
熱狂的だったね。武士団に元気をもらって復興に努めたいと思います

坂口美由紀さん(田鶴浜体育館で避難生活):
負けちゃったんですけど、選手たちが一丸になっていた気がして、すごい気持ちが伝わってきて元気をもらいました。『前向きにならないとな』って思えるようになっきた。来てよかったです。

金沢武士団・三木力雄ヘッドコーチ:
元々、われわれは七尾を拠点としていまして、七尾の皆さんがはるばる応援に駆けつけてくれたというのは本当に、本当に感謝しかないですし、われわれの勇気になったと思います。

田中翔大キャプテン:
バスケットボールができるということは当たり前ではないですし、感謝の気持ちを忘れず、最後まで諦めない気持ちを持って、シーズン最後まで戦っていきたいと思います。

試合後には、避難所となっている田鶴浜体育館で取り組まれている居酒屋《語ろう亭》が特別オープン。

ツアーに参加した避難者が岐阜のブースターと共に交流を楽しみました。

そして真夜中になってバスは田鶴浜に戻ってきました。

坂口美由紀さん(田鶴浜体育館で避難生活):
切り替えられたけど(七尾に)戻ってきて『ああ、またあすから現実だな』というのは正直あります。久しぶりに疲れましたけど、でも、またあすから頑張ります。

まだ復旧にはほど遠い被災地。しかし、選手一人一人のプレーが被災地を勇気づけています。

最近のニュース