石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

多い所で24時間に60cm予想…石川県内は14日にかけて大雪・強風に警戒 『警報級』の恐れも

 13日の石川県内は、強い冬型の気圧配置の影響で大気の状態が非常に不安定となっています。気象台は14日にかけて大雪や強風に注意・警戒を呼びかけています。

 気象台によりますと北陸の上空およそ5000メートルにはマイナス39度以下の寒気が流れ込み、14日にかけて冬型の気圧配置が強まる予定です。

 14日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多い所で平地で20センチ、山地で40センチから60センチと予想されています。

 発達した雪雲が同じ地域にかかり続けた場合には警報級の大雪となる恐れがあります。気象台は、大雪による交通障害や雪を伴った強風などへの注意警戒を呼びかけています。

 雪により、空の便にも影響が出ています。13日、小松空港を発着する日本航空の羽田便が終日欠航となったほか那覇便も欠航となりました。全日空も羽田を午後8時半に飛ぶ最終便が欠航となりました。

 また、日本航空、全日空ともに14日の小松=羽田便の始発便の欠航が決まっています。のと里山空港の羽田便は13日終日欠航となりましたが、14日は予定通り運航する予定です。

最近のニュース