石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

去年の役者と合わせ“Wキャスト”も…2年連続で中止の『日本こども歌舞伎』保護者向け発表会開催

05/03(月) 17:33配信

この記事を

 新型コロナの感染拡大で『百万石まつり』など2年連続で中止となるイベントが相次いでいます。こうした中、あるイベントでは関係者の粋な計らいで子供たちに練習の成果を披露する場が設けられました。

(リポート)
「新型コロナウイルスの影響で2年連続公演が出来なかった、日本こども歌舞伎。その代わりとして保護者向けの発表会が行われます」

 毎年5月5日のこどもの日前後に、全国から集まった子供たちが歌舞伎などを上演する日本こども歌舞伎まつり。

 去年も今年も新型コロナの影響で、全国の子供たちが集まることは叶いませんでした。

 そこで今年は保護者限定の発表会を企画。出演予定だった地元の子どもたちに練習の成果を披露する場が設けられました。

 公演は午前と午後の2回に分けて行われ、弁慶、義経、富樫の三役は去年と今年の役者がダブルキャストで演じました。

保護者:
「私の孫が出ていまして無事やり切ったということ。本当に拍手したいと思います。本当に良かったです」
「もう中止って聞いてあぁ見られないなと思ってたんですけど見られて本当に良かった」
「よく練習した成果が出て大変良かったです」

 5月14日から始まるお旅まつりでも曳山での子ども歌舞伎は中止され、うららの大ホールで上演されます。

県内ニュース一覧へ戻る