石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

前衆院議員,参院議員に金沢市長も…石川県知事選巡る動きに自民県連会長「あくまで仮定のお話」

 来年春の石川県知事選挙。22日、自民党の馳浩前衆議院議員が正式に立候補を表明した一方で、次のような動きも…。

堂前利昭 能登町議:
「この能登町における第一次産業に一番精通している人は山田さんがいいんじゃないかということで(町議)12人で出馬要請という形に至りました」

 21日、能登町の有志の町議12人が山田修路参議院議員に県知事選に出馬するよう要請書を渡しました。

 また県漁協も22日山田議員に対し、出馬の要請書を提出したということです。

 21日、報道陣に知事選出馬への意欲をたずねられた山田議員は…。

山田参議院議員:
「もともと地方の活性化とか石川県の発展には努力をしていきたいと思っていましたので、今までの仕事もそういうことでしたから、その事はやっていくつもりであります」

 山田議員はこのように話し、態度を明らかにしませんでした。

 一方、金沢市の山野之義市長は支援者の理解が得られれば、12月3日の議会初日に正式表明する見通しとなっています。

 こうした状況の中、22日、馳氏から推薦願いを受け取った自民党県連の岡田直樹会長は…。

岡田直樹県連会長:
「報道では色んな動きがあることは見たり聞いたりさせていただいてますけれども、そういった方々から確たるお話をいただいていませんので、あくまで仮定のお話でありますから、今はコメントは控えたいと思います」

 自民党県連は26日に役員会を開き、馳氏の推薦について役員から意見を聞く予定です。

最近のニュース