石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

「県民への情報公開やや不十分」医師や看護師等の専門家が県のコロナ対策について意見交換 石川

 6日夜、新型コロナウイルスの県の専門家会議が開かれ、第5波以上の感染拡大に備えるよう求める声があがりました。

 この会議は、医師や看護師など専門家が県の新型コロナ対策について意見交換するもので、およそ1年ぶりに開催されました。

 会議では、前回の会合で県に要望した検査態勢の拡充や病床の増床などについては、概ね取り入れられたと評価しました。

 一方、県民への情報公開がやや不十分であるとして、県に改善を求める声があがりました。

 会議では第5波を上回る感染拡大を想定する必要があるとして、新型コロナの治療法を有効活用できる態勢づくりを県に求めました。

谷内江座:
「(感染者が)重症化しないうちに治療の流れに乗せることができるのかを今後の課題として専門家会議で詰めていく必要がある」

 また、県と金沢大学は10月下旬からワクチンを2回接種した1500人を対象に抗体保有調査を実施することを決めました。ワクチン接種後の抗体量の変化などを把握し、感染対策に活かすことが狙いです。

最近のニュース