石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

ほうれん草“1袋258円”…長雨で野菜が高騰 ジャガイモ畑では「収穫期に掘ったら腐ってた…」

07/30(木) 19:06配信

この記事を

 青空が広がった30日の石川県内。しかし、梅雨明けにはまだ時間がかかりそうです。そんな中、全国的に高騰しているのが野菜の価格です。県内の現状はどうなのでしょうか。

 白山市内のスーパー。青果コーナーを見ると、キャベツ1個298円、レタスも1個298円、ほうれん草は1袋258円と、今野菜の価格が高騰しています。

買い物客:
「高いね、ビックリした」
「ちょっと上がってるみたいですね(料理に)葉物はやっぱり大事ですね」

スーパーの青果担当者:
「この異常気象もあって長い雨続いているもんで、相場がだんだんと上がってきているという状況です」

 高騰の原因は長引く「梅雨」。野菜の生育を直撃しています。

 金沢市内のジャガイモ畑では…。

社長:
「こっちがジャガイモです。長雨でちょうど収穫期だったんですけど、掘ると腐っていて…。全てここは全滅です」

 長雨と日照不足で、出荷できるジャガイモは例年の2割以下に。

社長:
「収穫適期ってあるんですけど、雨でどうしようもなかったですね」

 影響はトマトにも。ビニールハウスで育てていても、水分を吸い過ぎて割れてしまったトマト…。ほとんどが出荷できない状態です。

社長:
「大打撃ですよね。僕らの予定していた収量とはだいぶ離れているので…。秋作にかけるしかないです」

 野菜の価格高騰の影響は飲食店にも及んでいます。金沢市内の中華料理店では、コロナの影響で客足が遠のいただけに、まさにWパンチの状況…。

オーナーシェフ:
「やっていくしかないんで…とりあえず高くても。値段は据え置きでやっていこうと思います」

 北陸の梅雨明けは週末か遅くとも来週の半ば。野菜の価格が落ち着くにはもう少し時間がかかりそうです。

県内ニュース一覧へ戻る