石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

JA直売所『毒キノコ』誤って売る…すき焼きで食べた家族5人全員が嘔吐や下痢 “カキシメジ”か

11/06(水) 12:40配信

この記事を

 石川県小松市の農産物直売所で毒キノコが誤って販売され、食べた5人が食中毒となりました。このうち3人は入院していますが、回復傾向にあるということです。

 毒キノコが販売されたのは小松市日末町の農産物直売所・JAあぐりです。

 石川県によりますと、11月4日、食用の「マツシメジ」と書かれたキノコを購入した客がすき焼きにして食べたところ、家族5人全員が嘔吐や下痢など食中毒の症状を訴えました。

 このうち4歳の男の子を含む3人が入院しましたが、いずれも回復傾向だということです。

 保健所によりますと5人が食べたキノコは「カキシメジ」という毒キノコだったとみられ、販売されたのはこの1パックだけだということです。

 JAあぐりでは、販売するキノコの表示は持ち込んだ農家に任せていたということです。

 保健所は、JAあぐりに対して、栽培されたものではない自然になったキノコ類の販売を7日まで停止するとともに、キノコの選別を店側がするよう指示しました。

 今年度、石川県内でキノコによる食中毒は3件目です。

県内ニュース一覧へ戻る