石川さんPUSH!

R―1ぐらんぷり2017

2月28日夜7時00分

とにかくおもしろい“ひとり芸日本一”を決める「R―1ぐらんぷり」

15回目の記念大会となる今回は、史上最多3792人のエントリーで過去最大規模で開催!

とにかくおもしろい“ひとり芸日本一”を決める「R―1ぐらんぷり」。
15回目の記念大会となる今回は、史上最多3792人のエントリーで過去最大規模で開催!
激しい予選を勝ち抜いた9人に加え「復活ステージ」を突破したダークホース3人が決勝に参戦!
芸歴、年齢、性別、国籍、出場経験、一切関係なし。多種多様な“ひとり芸”が火花を散らす。野心とプライドを懸けた熱い戦いの行方は!?日本で最もおもしろい“ひとり芸”を見せつけるのは誰なのか?今夜“ひとり芸”の頂点が生放送で決まる!!

 “ひとり芸日本一”を決める「R―1ぐらんぷり」。15回目の記念大会となる今回は、史上最多3792名のエントリーで過去最大規模で開催。
 史上最多のエントリーから見事ストレートで決勝に進出したのは、決勝戦登場順に、レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%の9人。この激しい予選を勝ち抜いた9人に加え、決勝当日の昼に開催される「復活ステージ」を突破したダークホース3人が決勝の生放送に参戦!
 司会は、今年も雨上がり決死隊と加藤綾子。決勝戦は、3つのブロックによるトーナメント方式で行われ、ストレートで決勝に進む9人に、決勝戦当日の「復活ステージ」から勝ち上がった3人も加わり、計12人で決勝戦ファーストステージを戦う。その後、各ブロックから勝ち上がった3人がファイナルステージに挑み、優勝者を決定。
 審査は、桂文枝、関根勤、清水ミチコ、ヒロミ、板尾創路の5人の審査員と、データ放送によるdボタンを使った視聴者投票の「お茶の間d投票」で実施。優勝するためには、決勝戦で2つのネタを披露しなければならず“真の決勝”で披露するネタを考慮した駆け引きも見どころの一つ。
 優勝者には、賞金500万円と、副賞として全国ネットの冠番組の獲得。そして、何より“ひとり芸”ナンバーワンの称号が与えられる。芸歴、年齢、性別、国籍、出場経験、一切関係なし。多種多様な“ひとり芸”が火花を散らす。野心とプライドを懸けた熱い戦いの行方は!?日本で最もおもしろい“ひとり芸”を見せつけるのは誰なのか?
 決勝は2月28日(火)よる7時から生放送!最強の「ひとり芸」が決定する瞬間を見逃すな!!

嘘の戦争

2月28日夜9時00分

浩一(草なぎ剛)と、詐欺の証拠をつかんだ隆(藤木直人)の手に汗握る直接対決!
そしてハルカ(水原希子)に忍び寄る六車(神保悟志)の影…!?


 30年前、一家心中に見せかけて家族を殺された浩一(草なぎ剛)は、事件の首謀者で復讐(ふくしゅう)の最終目標でもある興三(市村正親)に近づくため、娘の楓(山本美月)と婚約。一家殺害のきっかけを作った長男の晃(安田顕)も破滅させ、着実に興三を追い詰めていく。さらに、二科家の周辺で怪しい動きを見せる六車(神保悟志)も、30年前の実行犯だとにらんだ浩一は、六車を陥れるための罠を仕掛けることに。危険な計画を前に浩一の身が心配になったハルカ(水原希子)は「死ぬところなんて見たくない。浩一が好きだから」と、思わず自分の思いを口にしてしまう。しかしそんなハルカの身に六車が忍び寄っていた…!
 病院では、わずかに言葉を取り戻した興三が千葉陽一の名前を口にしていた。聞き覚えのない名前に浩一との関係を疑う楓。しかし隆(藤木直人)は、浩一こそが千葉陽一だと気づく。隆は、自分や晃に仕掛けられたUSBのウィルスで2000万円をだまし取られた事で、浩一を警察に突き出せるだけの証拠を持っていた。浩一に会いにやって来た隆は、金で解決しようと話を進めるが、浩一は興三が“30年前の事件の隠ぺい”を語る録音テープでニシナコーポレーションの弱みを握っていた。張りつめた空気の中で2人が取引を行っていると、そこにある人物が現れて…?
 いよいよ浩一の壮絶な復讐劇もクライマックスに突入し、一刻を争う事態に発展していく…!

有吉弘行のダレトク!?

2月28日夜10時00分

極寒の地でしか食べられない絶品グルメ「幻の納豆」に、ニコルと小峠が調査「なめられて1番気持ちのいい動物」ラーメン王・石神推薦の謎ラーメンとは?

 田中卓志(アンガールズ)、小峠英二(バイきんぐ)、永野、藤田ニコルの4人をゲストに迎え、ダレトクな情報をお届けする。
 極寒の地でしか食べられない絶品グルメを調査する<ダレトク!?極寒グルメ>では、永野とラブリが山形県大蔵村へ。道なき雪原を歩き、30分かけてたどり着いたのは凍った池。ターゲットは凍った池の泥の中にいると聞き、2人はさっそく冷たい泥の中に足を踏み入れることに。どんな生き物が潜んでいるのか!?また、永野は豪雪地帯で食べられる“極寒グルメ”を求め岩手県西和賀町へ。探すのは一切市販されていない、雪を使った“幻の納豆”だという。そして、スタジオに“幻の納豆”が登場!
 さらに、ニコルと小峠が“なめられて1番気持ちのいい動物”を調査するため千葉県のとある動物園に。カンガルー、ニシキヘビ、ゾウなどさまざまな動物を調査。2人はエサを手のひらに乗せて、なめられ心地を体感する。はたして2人は無事に調査を終え、1番なめられて気持ちのいい動物を調べることができるのか?
 全国各地の珍しいラーメンを調査する<ラーメン王・石神と行く!ダレトク!?謎ラーメン>では、ラーメン王・石神秀幸と調査員・吉川正洋(ダーリンハニー)が、ゲストの紅蘭と共に、石神が推薦する“超アゲアゲになるラーメン”を調査するため東京・練馬へ。ひと口試食した紅蘭は「何これ〜!上がりました!!」と大興奮。20歳未満は注文できないというラーメンの中に入っているものとは!?そして、スタジオに石神推薦のラーメンが登場。紅蘭が絶賛したラーメン、スタジオメンバーの評価は…?

#nakedEve

2月28日夜11時00分

主人公は27歳で自分の治療院を開業しているマッサージ師。
25歳の若さで夢をかなえたのに、燃え尽き症候群。次の目標が見つからない彼女が相談したのは…?


 今週の主人公はマッサージ師のちひろさん、27歳。
 25歳の若さで自分の治療院を開業し、お客さんにも恵まれて順風満帆に見える彼女。だが彼女には人知れぬ悩みがあった。高校時代は陸上部に所属していたちひろさん。2年生の時にけがをして治療を受けたことがきっかけで、自身もマッサージ師を目指すようになった。父親は大反対だったが母親が許してくれ、専門学校に進学。国家資格を取得し、下積みを4年間経験した後、独立にこぎつけた。今は日に7〜8人をマッサージし、女性客からはプライベートの相談も受けるなど充実の日々。ところが「もっと満たされるかと思ったのに空っぽになっていく感覚がある」というちひろさん。実は「開業する」という大きすぎる目標が達成できてしまったため、次の目標が見つからずに悩んでいたのだ。
 ある日、高校時代からの親友・ゆうこさんとスーパー銭湯でくつろいだちひろさん。話題はお互いに頑張っていた部活の話に。陸上部の顧問は大坐畠先生という男性教諭で、自ら認めるほど理不尽に厳しく、ゆうこさんはいつも胃が痛かったという。だが卒業時、他の教師が大学進学を勧める中で、大坐畠先生だけは専門学校進学を応援してくれた。開業したら1番にマッサージをするという約束はまだ果たせていない。「開業ほど燃える夢が見つからない」と悩むちひろさんに、番組からの提案は…?
 スタジオゲストは女優の田中麗奈。「私も子供の頃から女優になりたくて、15歳でデビューできたので、その後はまた別の夢を持たなければいけないように感じたこともあった」とちひろさんに共感を示す。トークは恩師や体育会の話題に。見かけによらずサッカー部で体育会経験のある矢作兼は、補欠の先輩にしごかれた思い出話を。そこで矢作が学んだこととは?