石川テレビ

石川さんPUSH!

ボクらの時代

5月22日午前7時00分

武豊×ヒロミ×山本昌

『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。あえて司会者を置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっている。今週は、騎手の武豊、タレントのヒロミ、そして野球解説者・スポーツコメンテーターの山本昌。仕事について、そして子ども時代やプライベートについてなど、幅広いテーマで語り合う。

サザエさん

5月22日夜6時30分

<謎のほほえみ美人><楽〜に生きまショ!!><カツオの七輪>

(C)長谷川町子美術館

<謎のほほえみ美人>
マスオは、ワカメとタラオと一緒に散歩中、前から歩いてきた若い女性に、笑顔で会釈をされる。マスオも思わず会釈を返すが、誰なのか思い出せない。帰宅し、家族にその事を話しながらも、全く思い出せない。波平に「それだけ考えても思い当たらないなら、ただの人違いだよ」と言われる。

<楽〜に生きまショ!!>
カツオは宿題をやりかけのまま、家族と一緒にテレビをみようとすると、皆から「早く終わらせなさい」と注意される。「ボクだって宿題もしない気楽な生き方をしたい」と愚痴ると「宿題を終わらせたら、明日から休みの2日間は、気楽な生き方をしていい」と波平に言われる。カツオはそれを聞き、張り切って宿題を終わらせる。

<カツオの七輪>
カツオが裏のおじいさんの家を訪れると、おじいさんは七輪で魚の干物を焼いている最中だった。「試食していかんか」と食事をよばれたカツオは、七輪で焼いた干物の旨さに驚く。赤外線効果でおいしく焼けるのだという。カツオはおじいさんから七輪を借りて、庭で家族のために、何枚もの干物を焼き始める。

MCは千鳥!挑戦者が課されたお題を“何回連続で成功できるか”を予想対決するチャレンジバラエティー!

千鳥がMCを務める予想対決バラエティー番組!名曲のサビだけを一音たりとも外すことなく10曲連続で歌い切れたら賞金100万円獲得!「サビだけカラオケ」に、河合郁人(A.B.C−Z)、KAY−I(ROYALcomfort)、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、BENI、マルシア、misonoら各界の歌の実力者たちが挑戦し“鬼レンチャン(パーフェクト)”を目指す。

一方、スタジオの千鳥とかまいたちは、そんな彼らの様子をモニターで見ながら「彼らが何レンチャン(=連続成功)できるか」を予想。選んだメンバーで千鳥軍、かまいたち軍を構成し、チームの合計レンチャン数で勝敗を競う。歌のプロたちが挑む、手に汗握るチャレンジの行方と、白熱する予想対決をお楽しみに!

呼び出し先生タナカ

5月22日夜9時00分

人気芸能人10名が“国語テスト”に挑戦!
元局アナ因縁対決に「ヘキサゴン2」レジェンドおバカ&カリスマコスプレイヤーも参戦!

担任のタナカ先生(田中卓志)がさまざまな生徒ゲストを呼び出し、熱血指導!“勉強”と“笑い”を融合したお笑い教育“一斉テスト”バラエティー『呼び出し先生タナカ』。5月22日の放送は人気芸能人10名が“国語テスト”に挑戦!

タナカ先生と副担任・ハセガワ先生(シソンヌ・長谷川忍)が見守る中、今回呼び出されたのは、安東弘樹、えなこ、近藤千尋、佐藤景瑚(JO1)、スザンヌ、竹内由恵、ともしげ(モグライダー)、野々村友紀子、ゆうちゃみ、横川尚隆ら総勢10名もの個性強めの生徒たちが大集合!元局アナ因縁の対決に、「ヘキサゴン2」レジェンドおバカも登場!出来て当然!「正しい敬語」抜き打ち試験で大爆笑!「悔しさをバネに成長してほしい」というタナカ先生の熱い思いから、生徒の赤っ恥な誤答を振り返りながら、テスト結果を順位ごとに発表していく。そして、最下位の生徒には、放課後タナカ先生による呼び出し説教が待ち受ける!果たして、最下位になってしまうのは誰なのか!?タナカ先生が振るう“愛のムチ”が生徒たちを爆笑まみれの教室へといざなう!