石川テレビ

石川さんPUSH!

<ピアノ><ベンチプレス>の2種目で『TEPPEN』を競う!

 芸能人が自らの特技を披露し、その分野でのナンバーワンは誰なのかを決定する『TEPPEN』。各界から集まった、いずれ劣らぬ強者たちが、その道での頂点をめざし競い合う。今回は<ピアノ><ベンチプレス>の2種目でTEPPENを競う!
 ピアノ対決に参戦するのは、今回ピアノ対決初出場のゆりやんレトリィバァ、ギャル雑誌「egg」専属モデルの雨宮由乙花、YouTubeにあげたピアノ演奏動画の総再生数が1億5000万回にもなるハラミちゃんをはじめ、音大卒モデルのみうらうみ、ピアノ歴23年の大石絵理、2017年に初出場で初優勝した杉浦みずき、気象予報士であり出産後わずか2カ月で参戦の酒井千佳、ピアノ歴30年・前回のグランドチャンピオン大会準優勝のまとばゆう、そして、史上最多5回の優勝歴をもつ絶対女王・松井咲子!
 ベンチプレス対決には、前々回大会で前人未到の109回という圧倒の記録で優勝した武田真治、前回大会王者であり、昨年の『日本ボディビル選手権大会』優勝者の横川尚隆、現役アスリート芸人のコージ・トクダ、初出場のミルクボーイ・駒場孝、JO1・與那城奨、厚切りジェイソンが参戦。
 2時間を超える白熱の戦いをお見逃しなく!

桃香(片山友希)にブレーキワイヤーを切られ、自転車で転倒し意識が途絶えた詩弦(白石聖)。鬼形礼(坂口涼太郎)に連れてこられた場所で、さらなるショックを受ける事になる!?父・蔵之介(横田栄司)が、「お前が生まれてこなければ良かったんだ」と死に際に放った一言の驚愕の理由も今夜明らかに!始まりから終わりまで衝撃が続く第5話。恐怖新聞はなぜ生まれたのか?過去の因縁から現代へのつながりが見えたとき、物語は戦慄の最終章へと突入する!

 時は変わって江戸時代。越後屋という商家の一室で、シズ(白石聖)と母・ヤエ(黒木瞳)は、店主の仁左衛門(駿河太郎)に奉公を願い出ていた。感情のない目をしたシズの腹は膨らんでいる。面倒は見られないと断る仁左衛門だったが、ヤエは「シズは先の世で起こる凶事が分かる」と、お告げの紙を見せる。後日、お告げの通り溺死騒ぎを見た仁左衛門は、シズとヤエを越後屋に奉公させる事にする。
 その後、シズのお告げを利用して越後屋は商売繁盛。シズは使用人でありながら、立派な部屋や新調した着物を与えられることになったが、何かトラウマがあるのか夜になると悲鳴を上げ苦しんでいて…。
 僧侶・空元(横田栄司)の元を尋ねたヤエ。仏様が多くの人を救う為に、「件」を遣わせたのだと言う空元。シズのお腹の中にいるのは、子供ではなく、人の頭を持った牛の怪物「件」で、その「件」のおかげで、あらゆる災厄を、シズは予知出来ると…。
 しかし、シズが私利私欲のために越後屋に使われるのを気の毒に思った空元は、浪人・中村半次郎(佐藤大樹)の元へ、ヤエを行かせる…。シズに亡き妹・咲を重ね合わせていた半次郎は、「力になろう」と引き受ける。
 一方、「越後屋は侍に切り殺される」というお告げを受けていた仁左衛門。そこに、半次郎が現れて…。
 シズの不思議な力を知った半次郎は、空元とヤエの元へ。件の力で越後屋が儲けていること、さらに「お告げを受け取ったものは、一度受け取るごとに100日ずつ寿命が削られていく」という事実を知る。そして、さらなる悲劇が…。
 「件」は人が扱えるような代物ではないと知り、殺そうと考える半次郎。しかし、件はシズの腹の中。そこで、シズが放った衝撃の一言とは…。
ついに今夜、1話のお父さんの衝撃の遺言の理由が明らかに!!恐怖新聞は、なぜ生まれたのか??過去の恐ろしい因縁を知り、現代へのつながりが見えたとき、物語は衝撃の最終章へと突入する!!