石川さんPUSH!

教師の待遇問題、貧困層と富裕層との教育格差など「日本の教育」にまつわる大問題をMCの坂上忍と、養老孟司ほか、多彩なゲストと徹底討論!

 安倍晋三首相が、3〜5歳のすべての子どもの幼児教育・保育の費用を無償化する方針を示し、注目を集める「教育問題」。この番組では、教育に関する大胆な「極論」を持ったゲストを招き、もはや他人事ではない「教育問題」を徹底討論していく。

 あばれる君は、父親が高校の校長で親族にも教師が多く、自身も教職免許を持つ。そんなあばれる君が芸名ではなく本名の「古張裕起」として出演。他の業界と比べても労働時間が多いという教員。しかも、残業代はほとんど支給されず、授業の準備の他にも、なれない部活の顧問など負担も多い。そんな教員たちのために古張が提言する「極論」は「先生の給料を2倍にしましょう」。VTRでは、教員たちの過酷な労働環境が紹介され、スタジオで、ゲストや一般の子供たち、母親たち、さらには現役の教員たちと徹底討論していく。

 また「日本の教育、ちょっと前までは」というコーナーでは、ゲストの武田鉄矢を交え、大ヒット学園ドラマ『3年B組金八先生』で扱ったテーマをもとに、時代と共に変化してきた教育現場の問題を振り返る。他にも、関根麻里は「小学校卒業までに“将来やりたいこと”を決めさせます」、泉谷しげるは「高齢者に使っている無駄な金を子供に回せ」という「極論」を提言。番組後半には「知の巨人」と評される養老孟司と、今の子供たちや親に伝えたいことなどについて議論していく。