石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

創業100年超で最大の挑戦…「ビーバー」の北陸製菓がNBAジャパンゲームズの公式スポンサーに

 北陸で長く愛されるあげあられ『ビーバー』。製造する金沢市の北陸製菓が“1918年の創業以来最大の挑戦”を行うことが決まりました。

 金沢市の北陸製菓。発売開始から50年以上経つビーバーは説明不要の大ヒット商品です。そんな北陸製菓が取り組む、過去最大の挑戦とはなんなのか。高崎社長に聞きました。

高崎社長:
「『NBAジャパンゲームズ2022』という大会のオフィシャルスポンサーをさせていただくことになりました」

 NBAジャパンゲームズとは、9月末から日本で行われるNBAのプレシーズンゲーム。富山県出身の八村塁選手や、年俸およそ66億円のステフィン・カリー選手らスーパースターが出場する予定の夢の祭典です。

 その公式スポンサーに北陸製菓が手を挙げた理由は…。

高崎社長:
「弊社の白えびビーバーを八村塁選手がアメリカで紹介してくれました。今大会のスポンサーだけは絶対にやりたいという強い思いがありました」

 今から3年前。NBA入りした八村選手がチームメイトにふるまったところ、その味が絶賛された白えび味のビーバー。そのおかげでコロナ禍でも売り上げは好調を維持しています。気になるスポンサー料金は…。

Q.結構お金はかかっていますか?

高崎社長:
「そうですね。相応にかかっています」

 ジャパンゲームズでは、合わせて8万袋のビーバーを観客に配るという北陸製菓。さらに公式スポンサーならではの企画も…。

高崎社長:
「チケットをいくつか持っているので、両日ともに3組様にペアチケットが届くというキャンペーンをしています」

 ツイッターでフォローとリツイートをすると入手困難のチケットが当たるというキャンペーンも実施。創業以来最大のプロモーションにかける社長の思いは…。

高崎社長:
「ここから全国はもちろん、世界に『ビーバー』というブランドを届けていきたい」

最近のニュース