石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

住宅地を歩く…小学校から200m先の路上に『クマ』食糧となるドッグフードや残飯の管理等徹底を

 先週、こんなところにクマが!という衝撃に包まれた石川県内灘町。7日朝も小学校付近でクマが目撃され、警戒が続いています。

<パトカーからのアナウンス>
「クマが目撃されています」

 6月4日、6年ぶりにクマが目撃された内灘町。3日たった今日も…。

(リポート)
「今日午前8時頃、西荒屋小学校から200m先のこの道路上でクマが目撃されています。その後クマは金沢方面に向かって歩いて行ったということです」

 目撃があったのは内灘町立西荒屋小学校からおよそ200メートルの住宅地。「自宅前をクマが歩いていた」と警察に通報がありました。

 町内の6つの小学校では登下校時に保護者が児童を送迎するなど警戒を強めています。

内灘町立西荒屋小学校 山村薫校長:
「早く捕獲されてほしい」

 このクマのものとみられる足跡は6日、西荒屋小学校から1キロ北の畑でも発見されています。

 内灘町で相次ぐクマの目撃、専門家はどう捉えているのでしょうか。

県立大学大井教授:
「移動する傾向の強い、若いクマで、何かの拍子に住宅地に迷い込んでしまったのではないかと考えている」

 専門家はクマの食糧となるドッグフードや残飯の管理を徹底するよう呼びかけています。

 7日、石川県内では内灘町のほかにも金沢市や津幡町、宝達志水町、さらに、能登町と珠洲でもクマが目撃されました。目撃情報が相次いでいます。十分警戒してください。

最近のニュース