石川テレビ

石川テレビ 8ch

第50回FNSチャリティキャンペーン2023年度支援国 パキスタン・ イスラム共和国

パキスタンでは保健領域におけるケアの質の低さ、予防接種率改善の遅れ、栄養不良、ヘルスケアへのアクセスの不平等といった様々な課題を抱えており、新生児と妊産婦の死亡や疾病の原因となっています。5歳未満児死亡率は出生1,000人あたり65人、妊産婦死亡率は出生10万人あたり186人です。定期予防接種率は改善しているものの、地域によって大きな差が見られます。
同国では、6カ月から23ヶ月の子どものうち、最低限必要な回数の食事を摂取できているのはわずか3.6%で、農村部ではさらに低い割合となっています。5歳未満児の発育阻害と消耗症は乳幼児期の子どもの発達を脅かし続けています。

 

教育の領域では、同国で5歳から16歳の子どものうち、2,000万人以上が学校に通っていません。中退率も高く、特に中等教育の女子の間で顕著です。コロナ禍を機にこの状況はさらに悪化し、女子や貧困世帯、低学年の子どもたちを中心に、学習損失が深刻な問題になっています。コロナによる学習危機にさらに追い打ちをかけたのが、パキスタン史上最悪の被害をもたらした2022年の洪水です。2万7,000校の学校が損壊・破損し、200万人以上の子どもたちが学校に通えなくなりました。学校は学びの場であるだけではなく、子どもたちが保健ケアや心理社会的支援、予防接種を受けられる重要な場所です。学校の閉鎖期間が長引けば、子どもたちが学校に戻らなくなる可能性が高まり、児童労働や児童婚などの搾取や虐待のリスクが高まります。

パキスタン全土の学校は、2020年3月から22年3月の期間中、新型コロナウィルスの感染拡大により、64週間にわたって、完全あるいは部分的に閉鎖されました。学校閉鎖期間としては世界最長規模です。それから半年も経たないうちに起きた大洪水の被害により、子どもたちは再び学習の場から閉め出されることとなりました。電気やインターネットを含むインフラへの被害により、遠隔学習もほぼ不可能となっています。

 

FNSチャリティキャンペーンは、1974年から支援活動をスタートしました。
フジテレビをはじめとする全国のFNS系列のテレビ局28社がユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)を通じて厳しい環境で暮らす世界の子どもたちへの支援を続けています。
2023年度は、パキスタン・イスラム共和国の子どもたちを支援します。

【募金箱】石川テレビ本社受付や主催イベント会場に募金箱を設置しています

FNSチャリティキャンペーン事務局では、募金箱を置いていただける団体・企業・学校等を募集しています。
また、募金箱・ポスターの無料提供・貸し出しもいたしますので企業イベントや学園祭などでご使用ください。
みなさまのご協力をお願いいたします。

新たにご協力いただいております

ホテルインターゲート金沢(石川県金沢市高岡町2-5)
フロントに募金箱を設置していただきました。



お問い合わせ

石川テレビ企画事業部内チャリティキャンペーン事務局
〒920-0388 石川県金沢市観音堂町チ18 TEL:076-267-6483

主催/フジネットワーク28社 公益財団法人日本ユニセフ協会
後援/外務省・文部科学省 ・厚生労働省