石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

風速23.1m観測の市で小屋が全壊…石川では大気の状態不安定となり吹雪も 14日にかけ大雪か

 石川県内は13日非常に強い寒気が流れ込む見込みです。14日にかけて山地を中心に大雪となる見込みで警戒が必要です。

 急速に発達しながら低気圧が北に進んだ影響で、県内は大気の状態が非常に不安定となり、午前中は吹雪となったところもありました。

 羽咋市では23.1メートルの最大瞬間風速を観測し、柴垣町で小屋が全壊したということです。

 気象台によりますと、13日県内の上空5000メートルにはマイナス39度以下の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。

 13日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで平地で20センチ、山地で50センチ。さらにその後の24時間で平地で40センチ、山地では80センチ降る可能性があります。

 またこの影響で小松空港は13日の羽田便や那覇便の欠航が決まりました。気象台は山地を中心に降り方によっては警報級の大雪となるおそれがあるとして、警戒を呼びかけています。

最近のニュース