石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

総額表示“義務化”でも…値札つけ替え終わらなかったスーパーも 店長「個人経営ですぐは厳しい」

04/01(木) 18:19配信

この記事を

 4月1日から変わる価格の表示。

 3月までは「1000円(税抜き)」や「1000円+税」など税別価格での表示が認められてきましたが、1日からは、1100円、1100円(税込)1100円(税抜価格1100円)1000円(税込1100円)などと税込み価格の総額表示が義務付けられます。

 対応に追われる県内の店を取材しました。

 31日夜、金沢市のスーパーでは表示価格の付け替え作業が行われました。

ひまわりチェーンぬか店 水本店長:
「何も本当は変わらないんですけど、見た目で価格設定が高く感じる。それがもしかしたらあるかもしれない。今まで買えたものがお客さん買い控えるかもしれない」

 そして1日、総額表示の義務化がスタート。

買い物客:
「398円って安いわと思っても、お金を払うときは高く払うから。計算が得意じゃないからこの方が即計算できていいと思います」

 金額が一目で分かると消費者には好評です。しかし中には…。

別の買い物客:
「(総額表示に)つっこまれてる税率がだんだん上がっていくでしょ。それが把握できなくなってくる。いったい私は8%、10%…いくら払っているのかわからくなってくるんじゃないか心配」

 ただ、この店ではまだすべての値札の付け替えは終わっていません。店の前の貼り紙には「準備が間に合わず店内一部商品は税抜きでの表示をしております」の文字が。客に直接、税抜きであることを伝えます。

店長:
「大手の店なら技術とかの面ですぐに対応できますけど、私たちみたいな個人経営の店はちょっと厳しいところがあるので仕事しながら隙を見てやっています」

 ちなみにこの総額表示、違反しても罰則はありません。

県内ニュース一覧へ戻る