石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

最強寒波から一転気温上昇…大雪後の北陸地方 雪崩等に注意を 14日は金沢で最高気温10度予想

01/13(水) 18:43配信

この記事を

 最強寒波から一転、今度は気温の上昇に注意が必要です。13日の石川県内は能登地方を中心に気温が上がり、一部で3月上旬並みの陽気となりました。

 西日本に高気圧が張り出し、雨や曇りとなった石川県内。時折、晴れ間も見られ、日中の最高気温は志賀8.9度、輪島8.5度など4つの地点で今年最高となりました。

 3年ぶりに60センチ以上の積雪を記録した金沢市内でも雪解けが進みました。

町の人:
「今日天気良かったですよ。犬の散歩行けましたし。歩きは大丈夫ですよ」

 そんな金沢の街なかとは一転、白山麓では…。

(リポート)
「白山市吉野の瀬波に来ています。こちらでは私の背丈を超える雪が積もっていて屋根の上では雪をおろす作業が行われています」

 依然として広がっていた銀世界。雪かきも一苦労です。

住民:
「今年一番じゃったな。いっぺんに1メートルも降る」

 お年寄りが多く暮らすこちらの集落、屋根の雪下ろしは業者に委託していました。

業者:
「(お年寄りだと)危険とか色々あるんで自分たちがやっている。今年は大雪なんで結構毎日除雪に行っています」

 白山市河内では最大141センチあった積雪も、午後5時時点で100センチに減少。

 14日は金沢で日中10度まで上がると見られ、気象台では雪崩などに注意を呼び掛けています。

県内ニュース一覧へ戻る