石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

【石川】「少しでも市民の方と一緒に街をよくしたい」被災地の新人職員も新たなスタート

新年度が始まりました。各地で入社式などが行われる中、石川県庁や被災地の役場に入庁した新人職員が決意を新たに新生活のスタートを切りました。

県庁では新人職員155人が馳知事から辞令を受け取りました。
馳知事は「被災者に寄り添いながら業務を確実、迅速に進めてください」と訓示し、新人職員代表が「全体の奉仕者として誠実公平に業務を行う」と宣誓しました。

一方、能登半島地震の被災地・輪島市でも新人職員14人が辞令交付式に臨みました。

坂口市長は「みなさんの感性を生かして市の復旧・復興に向けて力を貸していただきたい」と職員を激励しました。

新人職員は
「同じ震災の中で頑張っている状況で市民の方の気持ちによりそって少しでも市民の方と一緒に輪島市をよりよくしていけたらいいなと思って仕事に取り組みたい」

辞令を受けた職員は能登半島地震からの復旧復興に貢献します。

最近のニュース