石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

平均搭乗率9割以上! 小松空港と香港結ぶチャーター便 今季の運航始まる 定期便化には課題

09/24(月) 18:43配信

この記事を

 石川県の小松空港と香港国際空港を結ぶチャーター便の、今シーズンの運航が24日から始まりました。石川県は定期便化を目指していますが、それには多くの課題が立ちはだかっています。

(記者リポート)
「香港からのチャーター便が到着しました。平均搭乗率90%を超える人気の路線だけに、県はぜひとも定期便化につなげたい考えです」

 小松空港と香港国際空港を結ぶチャーター便は去年から春と秋の年2回、香港のキャセイパシフィックが運航しています。

 去年の平均搭乗率が98.7%と好調だったことを受け、今年は機材を大型化し定員は100人近く増えました。石川県は香港からの観光客が多く期待できることから、1年を通して運航する定期便化につなげたい考えです。

香港からの観光客:
「日本の伝統や文化が楽しみです」

 しかし、香港から来る観光客に比べて小松から香港へ向かう日本人観光客が少ないことや、機材繰りの問題など定期便化に向けて課題は山積みです。

キャセイパシフィック航空の担当者:
「インバウンドが強いがアウトバウンドも伸びてくれば。状況を見て前向きに考えている」

 小松と香港を結ぶチャーター便は10月26日まで週2往復、合わせて10往復する予定です。

県内ニュース一覧へ戻る