石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

行政代執行で危険な家屋を撤去

07/02(月) 20:02配信

この記事を

倒壊の恐れなどがある危険な空き家を行政が所有者に代わって取り壊す代執行が北陸3県で初めて輪島市で始まった。

輪島市による代執行で取り壊し工事が始まったのは輪島市小田屋町の空き家。
この空き家は約10年前から人が住まなくなり、屋根や外壁がはがれ落ちるなど危険な状態になっていたことから、住民が市に対応を依頼していた。
市は3年前から口頭や文書によって状況を改善するよう何度も所有者に伝えたが、返答がなかったため取り壊しを決めた。
工事は今月中に完了する予定で解体費用として約200万円かかる見込み。
費用は全額所有者に請求し、応じない場合は財産を差し押さえる場合もある。

県内ニュース一覧へ戻る