石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

雪から土塀守る…長町武家屋敷跡で『こも掛け』 2日かけて1.1キロが冬の装いに 金沢

12/01(土) 15:28配信

この記事を

 金沢市の長町武家屋敷跡では雪から土塀を守る「こも掛け」作業が始まりました。

 金沢市の長町武家屋敷跡では、吹きつける雪や染み込んだ水分によって土塀が傷むのを防ぐため、わらを粗く織った「こも」を塀に取り付けるこも掛け作業が行われます。

 1日は職人大学校の造園業者35人がこもを1枚1枚、塀にかけていきました。

観光客:
「暮らしの一部というか昔から続いているものだと思うので、こういう(作業を)見られるのはうれしい」

 市によりますと、こもにより今年の大雪でも土塀の損傷はほとんどなかったということです。

 こも掛けは2日も行われ、およそ1100メートルの土塀が冬の装いへと変わります。

県内ニュース一覧へ戻る