石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

輪島塗の木地師…伝統をつないでいこうと職人たちは歩みを進め

地震の影響で多くの職人が仕事場を失った輪島塗。

何としてでも伝統をつないでいこうと職人たちは少しずつ歩みを進めています。

加賀市の旅館で避難生活を送る男性がいました。

池下さん:
「明日から働く働くそういうことばっかりだね現在の私の頭の中には」
「輪島の漆器はなんとかして生き延びなければと思っている。」

池下満雄(いけした みつお)さん(86)は輪島塗の木地職人。

アテやケヤキの木からろくろを引いてお椀の形を削りだす仕事です。

しかし元日の地震で工房が大きく傾き突然、仕事場を失いました。

71年続けてきた木地作りは被災して以来、できていません。

池下さん:
「また汚い服着て段取りしてもの一つ作れば楽しいね。それしたいです。」
「きょうもこうしてここにいても仕事のことは一切忘れないね」

1月下旬、池下さんの工房を修復するための作業が始まりました。

工房修復を提案したのは家主である池下さんではなく輪島塗の塗師(ぬし)、赤木明登(あかぎ あきと)さんでした。

長年、池下さんの作った木地に漆(うるし)を塗ってきた赤木さん。

クラウドファンディングで工事を行うための資金を募りました。

赤木さん:
「とにかく輪島塗を続けるために木地師さんがいないと塗ることができない。できるだけ仕事を続けてもらえるように今、頑張っている。」

池下さん:
「赤木さんにはありがたいなと思うね私をいつ連れに来るのかそれだけやね。」
「(赤木さんは)神様やな」

2月、工事が始まりました。

青江さん:
「難易度高いですね。輪島の街並みの雰囲気をできるだけ残したいという強い思いが赤木さんにあってチャレンジングな仕事ですがきょうから工事を始めています」

赤木さん:
「まだ材料として使えるんで、ただ、この家が倒れたら取り出せなくなるんで倒れる前に安全な所へ運ぼうと」

蔵に残っていた木地は池下さんが祖父の代から受け継いできた貴重な材料です。

赤木さん:
「これなんか明治時代くらいの材料ですね。明治時代に山でこの状態にして下ろしてきてこの土蔵の中で100年ぐらい乾燥させている材料すごい貴重だと思います。」

工房は一から建て替えるのではなくかつての雰囲気を残したまま修復することに決めました。

赤木さん:
「昭和の初めに電気が来て電動くろを設置して以来ずっと時間が止まったようなすごい美しい部屋だったんですね」

職人の多くが被災し輪島塗はかつてない危機に瀕しています。

赤木さん:
「どんどん(職人の数が)少なくなっているところに最後、地震でとどめを刺されたっていう感じではないかと思うんですけどとどめを刺されないように踏みとどまりたいなと思っています。」

3月26日、工房の修復が完了。

工房の出来上がりを確かめるため池下さんが輪島に戻ってきました。

赤木さん:
「池下さんこのぐらいの穴でいいですか。」

池下さん:
「いいですよ」

地震前の雰囲気は残しながら床や柱を新調しました。

池下さん:
「いいよ。かっこいい。」

おもむろに座ったのは50年以上使い続けてきたろくろの前です。

池下さん:
「まだ大丈夫やね」
Q手は覚えていますか?
「うん、楽しい。」

木地作りの再開を 心待ちにしていたのは池下さんだけではありません。

赤木さん:
「よかったなと思いますよ。職人さんたちが仕事場と家を失って高齢化しているのでそのまま廃業していく職人さんがすごい多いと思う。それを少しでも食い止めたいので、そのシンボルとなるように池下さんの工房を再建したいって(池下さんは)輪島と言うか日本の宝物だと思いますよ。ずっと池下さんはここの土地で先祖代々木を使う仕事をしてきて池下さんの体の中には輪島塗のいい形がしみ込んでいる」

工房で寝泊まりする準備が整い次第池下さんは木地作りを再開する予定です。

後継者の指導にも力を入れたいと考えています。

武内佳音さん:
「池下さんと赤木さんの技術を自分の中に取り込んでいけたらいいなと思っています。輪島塗を次につなげていけるような木地師になりたいです。」

池下さん:
「輪島塗のこういうの楽しいし若いもんあれ(指導)して頑張りたいね。」

多くの職人技が重なり合ってこそできる輪島塗。

再興に向けて職人たちが手を取り合いながら歩みを進めています。

最近のニュース