石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

石川・珠洲市の牛舎が被災 我が子のようなウシたちを引き渡す決断「この子らも幸せ」 内灘町の牧場へ

石川県珠洲市の牛舎が被災し多くのウシが死んだ牧場では、出産が近い乳牛を内灘の牧場に引き渡す決断をした。

「内灘の堀さんに相談して、引き取ってもらうことにしました」
石川県羽咋市の堀田牧場。堀田秀二さんは大きな決断をした。育ててきた乳牛30頭のうち、2歳前後のメス3頭を内灘町のホリ牧場に引き渡す。

その理由は…「地震で完全に畜舎がつぶれてしまって、中にいた乳牛は全部生き埋めになってしまって。珠洲で今30頭くらいのウシが静かに眠っています」
堀田牧場は、羽咋市の牛舎で2歳ほどまで育てると、珠洲市の牛舎に移し出産・搾乳を行ってきた。しかし、地震で珠洲市の牛舎は倒壊。復旧のめどが立っておらず、このままでは搾乳することができない。

堀田さんは「ここで育って赤ちゃん作って、向こうへやったウシが結構いるんだけど。名前つけて育ててきたけど、大変残念な結果になってしまって。本来は珠洲に連れていって、この子らと向こうで一緒に酪農したかった」と悔しさをにじませる。
ウシは我が子と同じ。「向こう行ったら、向こうのウシと仲良くなって。堀さんはいい人だから、この子らも幸せになれると思う」と話し、ウシたちを見送った。
堀田さんは、いつか珠洲の牛舎を修理して酪農を再開する予定だ。

そして1時間半後…内灘町のホリ牧場にウシたちが到着。
約400頭の乳牛を飼うホリ牧場。この牧場も断水が続いていたが、1月27日にようやく解消した。

ホリ牧場の堀牧人 管理獣医師は「いろんな方から、能登の農家もかなり被害を受けられてることは聞いていたので、何かできることはないかなと。向こうよりは水がありますし、今だったら来れるのかなということでOKした」と話す。

能登半島地震で、畜産農家は大きな被害を受けた。
ホリ牧場は今後、クラウドファンディングを行い被災したウシを引き取って能登の酪農を支える考えだ。

最近のニュース