石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

雇用は?再建は? 能登半島地震で大打撃を受ける事業所 石川県知事が課題聞き取りの視察

能登半島地震での、事業所への被害は深刻だ。石川県の馳知事は、奥能登の事業所を視察に回り、被害の深刻さを実感するとともに改めて国に支援を求めた。

事業者に課題を聞き取るため、奥能登を再び視察した馳知事。
珠洲市唐笠町の松田牧場では、松田徹郎さんから「借金したり、やった所でそんな余力がある人はいない。全額補助とまではいかなかったとしても、それに近いぐらいは出して頂かないと、再建は難しいのかな」との声が。

珠洲市蛸島町で特産の珪藻土を使った七輪などを生産している「鍵主工業」は、建物13棟のほか釜が全壊し、被害額は5億円に上る見通し。さらに…鍵主哲さんからは「従業員がもともと35人いたが、8人は年齢もあって辞めた。残りの半分は二次避難中」という話があり、従業員の雇用も深刻な課題だ。

カニカマで知られる七尾市西三階町の「スギヨ」は、3つの工場で天井が落ちたり水道の配管が損壊したりして、生産ができずにいる。被害額は10億円から20億円だという。ここでは馳知事から外国人実習生についての質問が。これに対し担当者は「半分ぐらいは帰った。環境が整ったら来ますという人と、半分ぐらいは借金しているからここに来たいという人。全員保証しています」と答えた。

改めて事業所の被害を目の当たりにした馳知事は「どう考えても仕事がなければ生きていけない。債務の負担をいかに軽減できるか。雇用の維持は絶対に守らなければいけない。県でできること、大規模やより専門的な事になれば国の支援をいただきたい」と話した。

奥能登の早期復興のためにも、事業所支援は欠かせない。

最近のニュース