石川テレビ

 

第517回石川テレビ放送番組審議会 令和4年9月13日(火)

   ※新型コロナウイルス感染拡大防止、3密を回避するため、会議室での出席と
Microsoft Teamsを利用したWebでの出席を併用して開催

【出席委員】

委 員 長 岡 能久  
副委員長 前田 昌彦
委   員 毎田 健治 谷内江 潤子
岩木 弘勝 北 篤司
松田 若子 宮下 智弘
谷口 陽子 北尾 美帆

以上10名

1、審議番組(合評)

島田秀平と行く!エンジョイ!アウトドア!
  令和4年7月30日(土) 午後6時00分〜7時00分 放送

地元にあんな場所があることを初めて知った。良いロケ地だったが、危険な場所もあり、もっと注意喚起を促すテロップが必要だったのでは。洞窟の場面や海の生物をもっと見たかった。
まだ知らない自然の楽しみ方があると楽しく見た。紹介された海のアクティビティはハードルが高いが、片野海岸の魅力を知る機会になった。出演者がユーチューブの紹介をすることに違和感を感じた。後半はアウトドア料理に絞ったことでゆったりと拝見した。
海のアクティビティでは田中さんだけがヘルメットを被っていなかったのが気になった。大自然を映像でもっと感じたかった。
前半の海を楽しむシーンで3人が波に持っていかれそうで心配だった。ツアーガイドの費用や申込方法の情報がなかった。子どもは想定を超える行動をするので、そのことを意識して制作して欲しい。島田秀平さんを起用し続ける理由を教えてほしい。
一つ上のアウトドアを紹介するこの番組は魅力的だった。片野海岸の豊かな自然をもっと見たかった。田中さんが島田秀平さんの飛び込まない勇気も大切だと言っていたが、もっと丁寧に言ってほしかった。透明なマスクはあまり意味がない。マスクなしでも良かったのではないか。全体として穏やかでゆったりと拝見した。
全体としてアウトドアの楽しさを感じられて良かった。危険な場所はツアーガイドが必要、ここは普通に自然を楽しめば良い、もう少しメリハリがあった方が良かった。飛び込みシーンで島田さんが飛ばなかったことは寧ろ良かった。人それぞれが楽しめば良い。地元食材があれば地域の情報発信にも繋がるのではないか。
リラックスして見られると思っていたが高齢者にはレベルが高かった。片野海岸の風光明媚な風景をもっと見たかった。キャンプ場の施設や料金説明がテロップでした方が良かった。島田秀平さんは優しい感じで好感が持てた。
映像がきれいで良かった。片野海岸の全景をもっと見たかった。キャンプに持ち込めるのかと思うくらいの食材が出てきたが、番組なので致し方ない。マスクをしたりしなかったりと中途半端だった。検査をして撮影に臨んでいるなどのテロップがあればマスクなしでも良かった。

2、訂正・取り消し放送について

事務局より令和4年7月1日〜8月31日までの自社制作番組放送の中で、上記に該当した番組はなかった旨、報告した。


3、番組に関する問い合わせ、苦情など
令和4年7月1日〜8月31日
までに編成部に寄せられた意見

 ▽令和4年7月お問い合わせ
電話 27件
メール 30件
はがき・その他 0通
 ▽令和4年8月お問い合わせ
電話 24件
メール 31件
はがき・その他 0通

「マンスリーNote」放送 令和4年9月25日(日) 午前11時45分〜11時50分(字幕放送)
           再放送 令和4年9月26日(月) 深夜2時43分〜2時47分(字幕放送)

Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。