第470回 石川テレビ放送番組審議会 平成30年1月16日(火)

【出席委員】

委 員 長 岡 能久  
副 委 員 長 菅沼 堅吾
委   員 谷内江 潤子 岩木 弘勝
  北 篤司 金光 秀和
以上6名
1、審議番組(合評)
石川テレビ創立50周年記念番組
「新春夢対談 Dreams come true 〜夢をかなえた男 松井秀喜〜」
平成30年1月2日(火)午後2時30分〜3時25分 放送
番組を見て、松井秀喜さんという人は人格的にもなかなか立派な方だということを改めて確認した。
あれだけの大選手を身近な存在に感じさせる言葉がたくさん入っていて、その身近さにある意味、感銘を受けた番組だった。
レストラン、車中、ヤンキースタジアムと移動し、対談の内容も彼の核心である野球の話に繋がっていくという構成、演出や編集に工夫をされ、流れも良く対談番組にありがちな退屈さがなかった。
文珍さんが緊張のせいなのか、最初、会話がキャッチボールになっていない感じで、もうちょっと聞きたいなと不満が残った。
スタジアムで、実際にグラウンドに立っての話とか、その後のスタジアムのラウンジでの話にもう少し時間が長かったら良かったと思った。
文珍さんには、出来たら羽織、袴で出て欲しかった。
若者にはいかに夢とか目標を持つことが大事かということを、今成功している人には謙虚でなければ成功は続かないということを教えている。
車中でのプライベートな話で、お父さんの目になって、子どもの話をしているのを楽しく拝見した。
自分の夢を最初から大きいところに置くのではなくて実現可能なところから一歩一歩、着実にいくということが大切だと番組を通して多くの人に伝わったのではないか。
「新たな目標がはっきり見つかっていない」と松井さんは口にするが、番組を見ていれば、他の言葉でたくさんの夢があるということがわかった。
石川県にいた中学、高校時代の松井さんの話をもう少し聞いてもらうと、より石川テレビらしくなるのではないかなと思った。

2、訂正・取り消し放送について
事務局より平成29年11月1日〜12月31日までの自社制作番組放送の中で上記に該当した番組はなかった旨、報告した。

3、番組に関する問い合わせ、苦情など
 (平成29年11月1日〜12月31日までに編成部に寄せられた意見)
 ▽平成29年11月お問い合わせ
電話 20件
メール(ツイッター含む) 87件
はがき・その他 0通
 ▽平成29年12月お問い合わせ
電話 10件
メール(ツイッター含む) 277件
はがき・その他 0通

「マンスリーNote」放送 平成30年1月28日(日)午前11時45分〜11時50分(字幕放送)
           再放送 平成30年1月29日(月)深夜2時28分〜2時33分(字幕放送)

Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。