石川テレビ


『物語の始まりへ』180秒のヒューマンドキュメント

  
   夢にむかって情熱をかたむけている若者たちのヒューマンドキュメント。
        登場するのは、さまざまな研究やものづくりを通して自分探しをしている
金沢工業大学の学生たち。

  
     夢の実現は、次なる夢への始まりでもある。
                    失敗は、思いをさらに掻きたてる。

  
   人生の大舞台をまえにした今を生きる若者たちのショートストーリー。

第765回

(9/20放送)

上野の森美術館で今月24日まで開催されている[世界を変えた書物]展。
これは、KIT金沢工業大学が蒐集するコペルニクスやアインシュタインなど偉人たちの科学史上の大きな発見・発明などを記した初版本およそ130冊を展示しているものです。

展示プランを担当したのは、KIT建築学科宮下研究室の学生たち。

圧倒的なスケールの書物が並ぶ「知の壁」からメイン空間の「知の森」、そして「知の繋がり」へと人々を叡智の旅へと誘います。
メイン空間を担当した前川萌香さん。過去の先輩たちが作りあげたコンセプトに、自分たちの思いを加え、書物と書物のつながりがわかりやすく辿れるような展示を表現しました。

9月20日の放送は、学生がつくりあげた[世界を変えた書物]展、準備から初日の様子まで、前川さんのインタビューを交えてご紹介します。


第764回

(9/13放送)

情報工学科2年 吹山大雅さん

超小型模擬人工衛星とも呼ばれる、缶サットの製作を通じ、衛星開発に必要な知識や技術を身につけるべく活動しているKIT夢考房人工衛星開発プロジェクト。

今年も秋田県で開催された競技会に参加しました。
これは、缶サットを上空60mから投下し、パラシュートを使って軟着陸させた後、自律走行でゴールまでの距離を競うというものです。

大会チームリーダーは、2年 吹山大雅さん。吹山さんたちは、昨年の反省をもとに風に流されにくいパラシュートの開発をはじめGPSや画像処理のためのカメラなど工夫を凝らした缶サットで競技にのぞみました。着陸は無事成功。

しかし想定外の荒れたフィールドが思わぬ結果をまねきました。

9月13日の放送は、大会での様々な経験が次への成長につながると話す吹山さんたちの夏をご紹介します。


第763回

(9/6放送)

大学院建築学専攻博士前期課程1年 松井勇介さん  

金沢工業大学が所蔵するおよそ2000点のコレクション「工学の曙文庫」。

その中心となるのは、コペルニクス、ガリレオ、ニュートンなど世界の科学者たちの重要な発見、発明を記した初版本です。
それらから選りすぐったおよそ130冊が[世界を変えた書物]展と題し、今月、東京・上野の森美術館で開催されます。

この展覧会を一般の人たちにも広く親しんでもらいたいと、KITで建築を学ぶ学生たちが展示プランを担当。大学院1年 松井勇介さんがリーダーを務めるのは、人類の叡智を辿る旅の終盤、知の伝承法をインスタレーションで表現する「知の繋がり」です。いろいろなことがゼロからのスタートだったと話す松井さん。

9月6日の放送は、金沢、名古屋、大阪を経て開催される東京展を前にした学生たちの様子を松井さんのインタビューとともにご紹介します。


第762回

(8/30放送)

電気電子工学科4年 湯原万葉さん

KITには、学生ステーションという学生が自由な発想でイベントを企画・運営できる場所があります。
この夏、4年 湯原万葉さんが企画した「リーダーシップ力アップ講座」が開かれました。

湯原さんは、チームで問題発見から解決する力を養うKITオリジナルの科目「プロジェクトデザイン教育」の経験から、
リーダーにとって必要な資質や力などをもっと学んでみたいと企画。KITの先生たちに直接交渉し、脳科学や心理学などそれぞれの専門をいかした視点で講義が進められました。

8月30日の放送は、講座開催への思いを話す湯原さんを、電気電子工学科での学びの集大成に取り組む姿とともにご紹介します。


第761回

(8/23放送)

大学院機械工学専攻博士前期課程2年 小山修史さん

ものづくりがしたくて岐阜県からKITに進学を決めた小山修史さん。

入学後、活動風景に魅せられて夢考房ロボットプロジェクトに参加。そしてその夏、先輩たちはABUロボコンで優勝。
世界一の瞬間を間近で見た感動は、小山さんの人生観を大きく変えたと振り返ります。

仲間とともにロボット製作に打ち込んだ小山さんがもっと学んでみたいと関心を強くしたのが、制御工学について。

現在、鈴木研究室で手術支援ロボットの遠隔制御に関するテーマに取り組んでいます。

8月23日の放送は、KITで大好きなものづくりに熱中し、研究でも意欲的な日々を送る様子をご紹介します。


 
Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。
個人で楽しむ目的以外、ホームページに掲載することや、複製・頒布・貸与・上映等を行うことは法律で禁じられています。