石川テレビ


『物語の始まりへ』180秒のヒューマンドキュメント

  
   夢にむかって情熱をかたむけている若者たちのヒューマンドキュメント。
        登場するのは、さまざまな研究やものづくりを通して自分探しをしている
金沢工業大学の学生たち。

  
     夢の実現は、次なる夢への始まりでもある。
                    失敗は、思いをさらに掻きたてる。

  
   人生の大舞台をまえにした今を生きる若者たちのショートストーリー。

第781回

(1/17放送)

大学院建築学専攻博士前期課程2年 寺本のぞみさん

KITで建築について一から学び、6年間の集大成として伝統木造建築の耐震性能評価と補強方針の研究に取り組んでいる学生がいます。

大学院2年の寺本のぞみさんです。
大阪府出身の寺本さん、授業はもちろん、学部1年次から夢考房建築デザインプロジェクトや学外コンペの運営スタッフとして活動するなど、積極的に建築についての技術や知識を吸収してきました。

学びの中で、構造分野への関心が高まったという寺本さん。

春からの新しい舞台は、建築物の性能評価・検査機関です。

1月17日の放送は、恩師にみとめられる建築士をめざしこの先も歩んでいきたいと話す寺本さんをご紹介します。


第780回

(1/10放送)

大学院情報工学専攻博士前期課程1年 山下正人さん

脳波を利用した個人認証システムの提案という画期的な研究に取り組んでいる学生がいます。

金沢工業大学大学院で情報工学を専攻する山下正人さんです。
山下さんは所属する中沢研究室が開発した、脳波を使って車いすを制御するというシステムからヒントを得てこの研究をスタート。

98%の精度で個人認証が可能で、この成果を昨秋、ニュージーランドで開かれた国際会議で発表。

さらに情報処理学会などが主催するワークショップでは、最優秀論文賞を受賞しました。

1月10日の放送は、次世代のセキュリティシステムとしても期待され、より精度の高いシステム実現をめざし研究を続けている山下さんをご紹介します。


第779回

(12/27放送)

大学院機械工学専攻博士前期課程2年 岩船 翼さん

金沢工業大学大学院2年の岩船翼さん。

夢考房や研究活動などに興味をもち北海道から進学を決めました。

入学後は、夢考房小型無人飛行機プロジェクトで屋外用模型飛行機の製作に取り組み、
日本の大学生チームとして初めて米国での大会に出場するなど貴重な経験を積みました。

さらに世界的な航空機メーカーであるボーイング社がわずか7大学を対象に実施する
「Boeing Externship Program」に参加。

航空機エンジンの騒音低減に向けた研究では国内外の学会で成果を発表するなど、
常に挑戦の学生生活です。

12月27日の放送は、日本の航空機産業の一助となる技術者をめざしたいと話す岩船さんをKITに進学するきっかけとなったエピソードとともにご紹介します。


第778回

(12/20放送)

大学院機械工学専攻博士前期課程1年 吉田 杏さん

金沢工業大学大学院で機械工学を専攻する吉田 杏さん。

彼女は今、金沢医科大学と共同で、手術後に発生する感染症の予防をめざした研究に取り組んでいます。
金沢高専時代はロボコンに熱中し、全国大会出場も果たした吉田さん。

そこで学んだ機械の知識や技術は、現在の研究に大いに役立っていると話します。

人に優しい医療機器の開発をめざし、将来は一歩先ゆく研究者になりたいという吉田さん。

12月20日の放送は、医学的なニーズを工学の立場からアプローチ。 日々意欲的に研究を進めている吉田さんをご紹介します。


第777回

(12/13放送)

電子情報通信工学科3年 山本信一さん

組込みシステム分野における技術の向上や人材の育成をテーマとしたETロボコン全国大会が横浜で開催され、
KIT夢考房組込みソフトウェアプロジェクトは2年ぶりの出場を果たしました。

ハードウェアは同一で、ソフトウェアの違いだけで競うロボコン。

先に行われた北陸地区大会で、夢考房チームは初めての経験ながら画像処理や、
コンピュータとロボット間の通信プログラムを完成させて圧勝。

全国的にも上位にランクされる好タイムで、横浜での大会に臨みました・・・。

12月13日の放送は、異なる環境に対応できず悔しい思いを残しながらも、この経験は次への大きなエネルギーになると話す山本さんをご紹介します。


 
Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。
個人で楽しむ目的以外、ホームページに掲載することや、複製・頒布・貸与・上映等を行うことは法律で禁じられています。