石川テレビ


『物語の始まりへ』180秒のヒューマンドキュメント

  
   夢にむかって情熱をかたむけている若者たちのヒューマンドキュメント。
        登場するのは、さまざまな研究やものづくりを通して自分探しをしている
金沢工業大学の学生たち。

  
     夢の実現は、次なる夢への始まりでもある。
                    失敗は、思いをさらに掻きたてる。

  
   人生の大舞台をまえにした今を生きる若者たちのショートストーリー。

第870回

(3/4放送)

大学院情報工学専攻博士前期課程2年 佐藤照大さん

春から社会人としての第一歩を踏み出す大学院2年の佐藤照大さん。
学びの集大成の研究テーマは、長い文章を短くする自動要約システム。

学術論文を対象としていますが、佐藤さんは、正確で素早い内容把握を可能にするだけでなく、重要な図表の選択も組み込んだシステムを開発しました。この研究成果を昨年11月マルチメディア関連の学会で発表し、優秀論文賞と優秀プレゼンテーション賞を受賞。

3月4日の放送は、機械学習、AIを活用して世界をより良いものにしたいと話す佐藤さんをご紹介します。


第869回

(2/25放送)

大学院環境土木工学専攻博士前期課程2年 大橋将太さん

高校生のときの職場体験がきっかけで、将来は土木の世界で活躍していきたいとKIT環境土木工学科に進学を決めた大橋将太さん。
課外活動では中学から続けている柔道部に所属し、勉強もスポーツもすべて頑張る!という意識で大学生活にのぞんだと話します。

春からは、志望していたスーパーゼネコンで技術者としての第一歩を踏み出します。
トンネルの内装工に関する世界初の技術開発に企業と取り組む大橋さん。

2月25日の放送は、研究の様子をはじめ恩師との出会いや部活動での活躍など大橋さんのKIT生活を振り返ります。


第868回

(2/18放送)

大学院機械工学専攻博士前期課程2年 万木恒太さん

春から技術者としての第一歩を踏み出す大学院2年の万木恒太さん。
大学の学びの中で将来の道を決められたらと滋賀県から進学しました。

複合材料を核として機械系や化学系など幅広いテーマに取り組む田中研究室の活動に興味を強くしていった万木さん。
4年次からの研究は、宇宙空間での作業の軽減化も想定した複合材料の自己修復を目指すというものです。
学びも課外活動も自分のやりたいことができる大学と話す万木さん。

2月18日の放送は、集大成の研究や自転車同好会の様子など万木さんのKIT生活をご紹介します。


第867回

(2/11放送)

経営情報学科4年 細井勇希さん

KIT金沢工業大学がデータサイエンティスト養成に向けて、NTT西日本グループとの産学協同で始めた「KITコーオプ教育プログラム」。
国内初となる取り組みです。このメンバーの一人に選ばれ、4ヶ月間社員として、データ分析業務にあたってきた細井勇希さん。高校時代に学んだ情報の知識をいかしながら経営についても学べると長野県からKITに進学しました。
実際の業務に従事し、その間企業から給与も支払われる。今回の貴重な経験で、細井さんはデータサイエンティストを目指す気持ちが一層強くなったと話します。

2月11日の放送では、企業での様子や12月に行われた成果発表会の模様をインタビューとともにご紹介します。


第866回

(2/4放送)

大学院情報工学専攻博士前期課程1年 本田彰吾さん

「KIT-RITデュアルディグリープログラム」。
KIT大学院情報工学専攻と米国ニューヨーク州にあるRITロチェスター工科大学コンピュータ工学専攻という2つの大学院で学び、修了要件を満たせば、最短2年間で両大学の修士号取得が可能となるプログラムです。

第一期生に選ばれた大学院1年本田彰吾さん。
学部時代から積極的な学生生活を送ってきましたが、RITの学生との出会いで学びの意識が大きく変わったといいます。この1月に渡米。

2月4日の放送は、声帯振動と脳波を使って自然なコミュニケーションが難しい人の補助システムの研究活動を進め、両大学の修士号取得をめざす本田さんをご紹介します。


 
Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。
個人で楽しむ目的以外、ホームページに掲載することや、複製・頒布・貸与・上映等を行うことは法律で禁じられています。