石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

多くの自治体で“25日一斉休校”…石川県内は警報級の大雪の予想 明け方にかけて雪強まる見通し

 今シーズン一番の寒気が入り込む影響で、石川県内は警報級の大雪が予想され、金沢など多くの市や町で小中学校の25日の一斉休校を決定しました。

 北陸地方の上空およそ5千メートルには、マイナス42度以下の今シーズン一番の強い寒気が流れ込む見込みです。

 気象台によりますと、県内は24日夜遅くから明け方にかけて雪が強まり、警報級の大雪となる見込みです。

 25日朝6時までの24時間に降る雪の量は、加賀の平地で50センチ、山地で80センチなどとなっています。

 また24日夕方以降、気温が急激に下がる見込みで、5年前に水道管の凍結や破裂が相次いだ輪島市では市の職員が住宅を回り対策を呼びかけました。

輪島市職員:
「漏水の疑いのある家庭を回り、5年前の断水被害は避けられるようにしたい」

 一方、県は対策会議を開き、情報を共有すると共に早めの帰宅やテレワークの活用を呼びかけました。また金沢市、白山市、七尾市、野々市市など多くの自治体で小中学校の25日の一斉休校を決定しました。

最近のニュース