石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

岸田総理“マスク着用見直し”明言に…医師「非常に違和感」5類引き下げは「感染拡大リスク高く」

 1月20日、岸田総理は新型コロナの感染症法上の位置づけを現在の「2類相当」から季節性インフルエンザなどと同じ「5類」に、この春にも引き下げる検討をするよう加藤厚生労働大臣などに指示しました。石川県内の専門家はこれをどう受け止めているのでしょうか。

 感染症法はウイルスの危険度に応じて1類から5類などに分かれます。このうち新型コロナはこれまで「2類相当」とされ、感染した場合は入院の勧告や就業制限などの措置がとられています。

 これが季節性インフルエンザと同じ「5類」となれば、行動制限がなくなるほか、一般の医療機関でも患者を受け入れることができるようになります。

 一方で、現在は全額国が負担しているPCR検査の費用や入院費用、ワクチンの接種費用などは自己負担となります。

 県の専門家会議で座長を務める金沢大学の谷内江昭宏医師は次のように評価します。

谷内江座長:
「『5類になったからインフルエンザ並みでもう心配いらない、新型コロナウイルス感染症の時代は終わったんだ』と言い方は、非常に乱暴で危険だと思います」

 一方、5類に引き下げれば、無症状の感染者や濃厚接触者の自宅待機がなくなり、社会活動が円滑に進むことは評価できるといいます。

 しかし、最も注意しなければいけないのは…。

谷内江座長:
「感染拡大のリスクを高くすることは間違いないと思うんです。それは(報道で)明確にお伝えして頂きたいと思うんですよね。体調が悪い時には、検査をするしないは別にして一定期間休む。そして休めるような環境。会社としても、そういうものを提供するということがとても大事になってくるんだろうと思うんですね」

 また、岸田総理は会見でマスク着用についても「見直していく」と明言しました。

谷内江座長:
「それは医療に関わるメッセージであるので、国が政府としてそういうメッセージを出すというのは、非常に違和感を覚えます。何事かと思ってしまいますよね。マスクを外すとか5類とかっていう言葉だけが先行すると、『コロナをなかったことにしよう』という気持ちはわかりますけども、それはあり得ないことですし…」

 これまでも季節性インフルエンザが流行する時期は、体調が悪いと感じればマスクを着用していました。重症化リスクがある患者に医療を集中させる、それが5類引き下げの本質だといいます。

谷内江座長:
「日常生活によってはそれほど恐れることなく、(感染しても)元気になったら仕事に復帰するというのは、日常生活を取り戻すっていう方向で行くということは、大きな方向で間違いないと思います。一方で、やはりメリハリをつけて感染対策をきちんと続けていくという生活を、今しばらくは過ごさないといけないのかなと思います」

最近のニュース