石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

『緊急安全確保』発令の地域も…石川県内は加賀地方を中心に“猛烈な雨” 約10万人に避難指示

 4日未明から石川県は加賀地方を中心に猛烈な雨が降っています。小松市は西尾校下の196世帯434人に警戒レベル5の緊急安全確保を発令しました。

(リポート)
「白山市中島町の国道157号線です。雨水が川のように流れ道路が冠水しています」

 大気の状態が非常に不安定となっている4日の石川県内。加賀地方を中心にまとまった活発な雨雲がかかり、記録的な雨となっています。

 白山市と小松市では、1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測し、気象庁は午前11時までに5回にわたって記録的短時間大雨情報を発表しました。

能美市の住民:
「大変やねこの雨。もう川が溢れて道路のそこまで水がいっぱいになっていた」

 県と金沢地方気象台は、災害の危険が差し迫っているとして加賀市、金沢市、小松市、白山市、能美市に土砂災害警戒情報を発令し4万3212世帯9万8964人に避難指示を出しました。

避難所に避難した人:
「昨日はあまりぐっすり寝られなかった。怖かった」
「うちの後ろが山だから、鍋谷で怖いのは土砂崩れやね」

 この大雨の影響で、小松市や白山市で住宅への浸水が確認されているほか、道路が冠水したため白山市の県道157号などで通行止めとなっています。

 一方、加賀市大聖寺岡町では、落雷で中川苗さんの住宅から出火し2時間半後に消し止められました。けが人はいませんでした。

 JR西日本によりますと雨量計が規定値に達し現在、芦原温泉駅と金沢駅の間で運転を見合わせています。再開の目処は立っていません。

最近のニュース