石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

フェーン現象か…石川・小松市で35.7度と今年初の猛暑日 能登は今夜遅くから激しい雨の見通し

 石川県内は南から暖かい空気が流れ込んでいる影響で、小松市では35度を超え今年初めての猛暑日となりました。

 24日の県内は日本海にある低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、フェーン現象が発生したとみられ、気温がぐんぐん上昇しています。

 午前11時までの各地の最高気温は小松で35.7度と金沢で34.5度などとなり、小松市で今年初めて35度を超える猛暑日となりました。

 気象台によりますとこの後、低気圧が発達しながら日本海を北東に進む見込みで、能登では24日夜遅くから25日未明にかけて雷を伴った激しい雨が降るとみられます。

 25日朝6時までの24時間に降る雨の量は、加賀で70ミリ、能登で50ミリと予想され、気象台は予想以上に雨雲が発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があるとして注意を呼びかけています。

最近のニュース