石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

「見返り欲しさ等の動機に酌むべき事情ない」市発注工事巡る贈収賄 検察が元市職員に懲役2年求刑

 金沢市発注の公共工事をめぐる贈収賄事件。18日の裁判で検察は元市職員の男に懲役2年、業者の男に懲役1年6か月を求刑しました。

 官製談合防止法違反や加重収賄などの罪に問われているのは、金沢市の元職員・清水力被告です。

 清水被告は市が去年発注した公共工事の入札で、最低制限価格を知り合いの業者・谷内紀元被告に漏らし、その見返りとして現金など20万円相当を受け取ったとされています。

 18日の裁判で検察は、「他の業者が労力や費用をかけて入札を行っている中、入札の公正や社会の信頼を害した」と指摘。また「見返り欲しさなどの動機に酌むべき事情もないと」して清水被告に懲役2年と追徴金20万円、谷内被告に懲役1年6か月を求刑しました。

 一方、弁護側は事実関係は争わないとした上で、懲戒免職や指名停止などすでに社会的な制裁を受けたなどとして執行猶予付きの判決を求めました。

 判決は12月22日に言い渡されます。

最近のニュース