石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

2回接種済1500人対象…石川県と金沢大で抗体保有調査「経済活性化モデルの構築につながれば」

 石川県と金沢大学は新型コロナのワクチンを2回接種した人を対象に、抗体保有調査を実施します。この調査は全国的にも例がなく、貴重なデータとなりそうです。

市村教授:
「県民の新型コロナに対する免疫力の把握、ワクチンの有効性ならびにその持続期間を明らかにしたい」

 6日夜に開かれた県の新型コロナ対策の会合で、金沢大学の市村特任教授が明かしたのは、抗体調査実施の狙いです。

 県と金大は新型コロナワクチンを2回接種した1500人を対象に抗体保有量を調査し、今後の感染対策に活かしたい考えです。

 また、市村教授はこの調査を経済活動にも役立てたいとしています。

市村教授:
「これらのデータはワクチンパスポートなどにも導入し、経済活動の活性化モデルの構築につながることに期待している」

 県はこの調査に協力してくれる人をホームページなどで9日から募集します。

 費用は無料で、対象者は6カ月の間に金沢大学附属病院に出向いて3回採血するほか、感染の有無や旅行歴など、生活状況の聞き取りが行われます。

最近のニュース