石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

打った後気づく…“使用期限切れ”の新型コロナワクチンを5人に接種 医療機関が使用前の確認怠る

 石川県白山市内の医療機関で10月1日、使用期限が切れた新型コロナワクチンを5人に接種していたことがわかりました。

 白山市によりますと、市内の医療機関で10月1日、新型コロナワクチンの接種を行っていたところ、使用していたワクチンの使用期限が9月30日までだったことが判明しました。

 判明した時点で、すでに5人に期限切れのワクチンを接種していました。

 ワクチンは解凍後、冷蔵保存で1カ月持ちますが、今回はワクチンそのものの有効期限が切れていて、使用前に確認を怠ったことが原因だということです。

 市がファイザー社に確認したところ「有効性に問題はない」ということです。

 市は5人に連絡した上で、経過観察を行いながら10月下旬に2回目の接種を行います。市は医療機関に使用期限の確認を徹底するよう求めます。

最近のニュース