石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

一筋の光に喜び…13日から条件付きで酒の提供OKに 飲食店「時短辛いがお酒飲めないよりいい」

谷本石川県知事:
「金沢市内の飲食店においては20時までの時短要請は継続しますものの、石川コロナ対策認証制度により認証を取得された店舗に限り19時30分まで酒類の提供を可能とする」

 重点措置の延長決定に伴い昨夜開かれた県の対策本部会議。9月13日から条件付きで酒の提供が認められることになりました。

谷本知事:
「酒類提供禁止状態が1か月以上続いているわけですからね、やはり若干の緩和ですけどその措置を講じていくのは許されるのではないかと。あまりにも飲食店に対しご負担をかけているのは事実ですから…」

 条件とは、まず県の認証制度を取得していること。その上で1グループ4人以内か、同居家族だけの場合、午後7時半までの酒の提供が可能となります。

飲食店の人:
「取っててよかった。やっと認証を取った甲斐があったなと」

 金沢市内で認証を受けている飲食店はおよそ2200店舗あまり。この店もその一つで、一報を受けてすぐ酒店に日本酒の「ひやおろし」を発注したそうです。

飲食店の人:
「ピークが7時半ですからね、結構つらいんですけどお酒飲めないよりもなんとかいいかなという思いですかね」

 こうした飲食店に酒を卸している金沢市内の酒店は…。

酒店の人:
「ホッとしました、当店の売り上げの8割以上は飲食店の売り上げなので、すごく待っていました、解禁を」

 条件付きながらも酒の提供解禁にホッと一息です。

酒店の人:
「売上少ないのもアレだけど、また止まると思うと大変なので、5割・6割でもいいからとにかく動いていてくれたら有難いと思います」

 またもや延長となった飲食店への時短要請。それでも一筋の光が見えてきたようです。

最近のニュース