石川テレビ

石川テレビ 8ch

石川県内ニュース

校内のサクランボの実なくなる…小学校のグラウンドそばに『新しいクマのフン』登下校の警戒強める

 クマの目撃情報が相次いでいます。6月4日、石川県内灘町大学2丁目の住宅街で目撃されて以降、6日は内灘町だけでなく、かほく市、津幡町でも、そして7日は内灘町立西荒屋小学校付近で目撃されました。

 8日は津幡町の小学校の敷地内でクマの痕跡が見つかりました。

<校内放送>
「今朝クマのフンが校地内で発見されました。長休みですが気を付けて過ごしてください」

 津幡町立太白台小学校で8日朝8時すぎ、見回りをしていた校務員が見つけたのは、クマのフンの跡。見つかったのは子どもたちが活動するグラウンドのすぐそばでした。

 町によると発見されたフンは時間がたっていない新しいものだということです。また、グラウンドの端には枝が折られた痕跡も…。

学校の担当者:
「ここに黒い粒が見えるでしょ、黒い粒。サクランボ。実が一つもないやろ。これを食べたんじゃないかなと」

 町の職員や猟友会が現場を確認しクマを探しましたが、見つかりませんでした。

 太白台小学校は8日集団下校とし、9日以降は職員が通学路に立つなどの対応をとるとしています。

 またこの付近では7日、森林公園近くでもクマが目撃されています。近くの住民は…。

住民:
「びっくりびっくり。人通りのないところは歩かないようにしています」
「それなりに町も対策してくれんじゃない」
「パトロール強化した方がいいね」

 津幡町ではパトロールを行い警戒を続けています。

最近のニュース