石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

出馬予定だった前副町長の死亡受け立候補…中能登町の新町長が初登庁「仏壇で“やったぞ”と報告」

04/05(月) 12:43配信

この記事を

 3月21日に投票が行われた石川県の中能登町長選挙で初当選を果たした宮下為幸町長が、5日朝初登庁しました。

 中能登町の宮下新町長は午前9時に登庁し、職員に拍手で出迎えられました。

宮下町長:
「責任の重大さが身に染みて感じるような気がする」

 この後、宮下町長は集まった職員を前に「町を守り、思いを紡ぐ町政を目指す」と訓示しました。

 宮下町長は杉本前町長の後継として立候補を表明していた前副町長の死亡を受けて出馬を決意し、新人3人による争いを制しました。

宮下町長:
「仏壇には『やったぞ』という意味で報告しました。本人の思いを継いで『勝ったぞ』という意味です。

 宮下町長の任期は4年間です。

県内ニュース一覧へ戻る