石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

合格でした…運転免許の学科試験で不合格とされた1人に免許証交付へ 道交法改正で削除の項目出題

02/20(土) 12:11配信

この記事を

 去年、道路交通法が改正され削除された項目が誤って運転免許の学科試験に出題され、本来合格だった1人が不合格となっていたことが分かりました。

 石川県警によりますと、去年道路交通法が改正され、違法駐車に取り付けられる車輪止め装置の項目が削除されました。

 しかし、法律が施行した去年12月から2月12日まで、およそ2か月半にわたって運転免許の学科試験に出題されていたということです。

 警察庁から「車輪止め装置に関する問題が出されていないか」と問い合わせがあり、発覚したということです。

 不適切な問題が含まれた学科試験を受験したのは110人。このうち、この問題を正答とした場合、合格となる受験者は1人いたということです。

 県警はこの受験者を合格として運転免許証を交付する予定です。

 西村運転免許課長は「今後はこのようなことがないよう再発防止に努めます」とコメントしています。

県内ニュース一覧へ戻る