石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

新型コロナワクチン… 金沢市は個別・集団両方で 高齢者施設には医療チーム出向き入所者に接種へ

02/15(月) 17:28配信

この記事を

 14日、国内で初めて承認された新型コロナウイルスのワクチン。17日からは金沢市のJCHO金沢病院など全国で医療従事者の先行接種が始まります。

山野金沢市長:
「高齢者施設の入所者については市独自の医療チームを編成し、巡回による接種を実施していく」

 15日、金沢市で開かれた緊急議会。山野市長は高齢者施設の入所者と従業員に対して金沢市が独自で編成した医療チームが出向き、ワクチンを接種する方針を明らかにしました。

山野市長:
「2割の施設が対応に困っていると。市立病院の医師と看護師が行って接種を行う」

 4月以降、65歳以上の高齢者から始まるワクチン接種。金沢市の計画ではかかりつけ医などでの個別接種と市駅西福祉保健センターなど特設会場での集団接種を併用した「ハイブリッド方式」で行います。

 課題は高齢者施設の入所者。そこで金沢市は医療チームが施設に出向いてワクチン接種を行うことにしたのです。また、在宅医療を受けている人についても医師が訪問した際に接種できるように態勢を整えます。

山野市長:
「安全に、できるだけ早く接種を受けてもらうよう準備を進めていく」

 金沢市は3月、コールセンターを開設して市民からの相談を受け付ける予定です。

県内ニュース一覧へ戻る