石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

前代未聞の“1日30回上映”…映画『鬼滅の刃』公開で劇場にファン続々 関連グッズ売り切れ続出

10/16(金) 19:25配信

この記事を

 大人気アニメ「鬼滅の刃」の映画が16日、公開初日を迎えました。

 劇場はコロナ禍では異例のフル回転上映。そして関連商品は売り切れ続出…鬼滅ブームが新型コロナで落ち込んだ日本経済を立て直すきっかけとなるのでしょうか。

(リポート)
「開場時間の午前8時になりました。公開を楽しみにしていた人が続々と館内に入っていきます」

 いつもより1時間早くオープンしたこちらの映画館。ファンのお目当ては16日公開となった「劇場版鬼滅の刃無限列車編」。

 鬼滅の刃は少年が妹を救うため修行を重ねながら鬼と戦うストーリー。鬼側の人生模様も描かれている点が幅広い世代から共感されています。

(リポート)
「映画館の中には長い列ができているんですが、この人たちの目的というのがグッズなんです」

 上映前にファンが押し寄せていたのはグッズ売り場。劇場限定のパンフレットやぬいぐるみを手に気持ちを高めます。

ファン:
「今日を楽しみに待っていたので、うれしいです。ワクワクと」
「あまり外出できていなかったので2時間楽しみたいです」

 そんなファンの期待に応えるため、映画館側も気合十分。新型コロナで制限していた座席の販売を16日から少なくとも3日間は全席販売。1日になんと30回上映するという前代未聞の対応を決めました。

金沢コロナシネマワールド 若松健一マネジャー:
「人気作ですので、上映回数を少しでもたくさんとることによって、少しでもお客様の密が避けられるように工夫しています。鬼滅の刃をきっかけにまた劇場に足を運んでもらえればと思っています」

 さらに、この鬼滅ブームは地域経済にも影響を与えています。

チャンネルアッシュ長崎理絵さん:
「店に出せば売り切れ、嬉しい悲鳴です」

 金沢市のTシャツブランド「OJICO」。今年6月に鬼滅の刃とのコラボレーションTシャツを発売したところ全国から注文が殺到。これまでに予想を大幅に上回るおよそ8000枚を売り上げました。

長崎さん:
「縫製にもこだわっているので、これをきっかけにOJICOを知ってほしいです」

 鬼滅の刃ブームは新型コロナで沈んだ世の中を明るくしてくれる救世主となるのか。今後も注目です。

県内ニュース一覧へ戻る