石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

近場の観光地で仕事…温泉街で『マイクロワーケーション』体験会 海見ながら働き,疲れたら温泉へ

10/14(水) 17:44配信

この記事を

 仕事とバケーションを合わせた「ワーケーション」。これに対して、自宅から1時間から2時間ほどの地元を観光するマイクロツーリズムとワーケーションを合わせた「マイクロワーケーション」という造語があります。

 そのマイクロワーケーションの体験会が、石川県七尾市の和倉温泉で開かれました。

 平日にもかかわらず、和倉温泉のホテルに続々と訪れる客…。七尾湾が一望できる食堂に集まった客がカバンから取り出したのはノートパソコンです。

利用者:
「最高ですね。コンセントもありますし、ネットも繋がっているので問題なく仕事が出来ます」
「普段と違う環境なのと海が見えるのですごくリラックスできます」

 集まったのは石川県内の企業で働くビジネスマン。マイクロワーケーション体験会と銘打ったこのイベントは七尾市の街づくり会社が企画しました。

担当者:
「コロナで移動制限がある中で近隣への旅行ということでマイクロツーリズムという言葉があります。県内の企業にワーケーションを体験してもらうマイクロワーケーションということで取り組ませていただきました」

 会社からは車でおよそ1時間あまり。石川テレビで働く久保田アナも体験です。

久保田アナ:
「僕もワーケションをしにやってきました。開放的な空間で仕事もはかどりそうです。そして、ドリンクバーもあるんですね」

 久保田アナもドリンクを片手にリモートワークに励みます。

久保田アナ:
「やっぱりオーシャンビューでいつもと環境が違うと仕事はかどりますね」

 ランチタイムには仕事をしながらでも食べられるようサンドイッチが届きました。

 そして仕事が一段落すると、ここは和倉温泉…。

久保田アナ:
「(温泉につかりながら…)あー気持ちいい!仕事の疲れが温泉で取れるなんて、これがワーケションの醍醐味ですね」

担当者:
「七尾や和倉温泉は遊びに来るところというイメージがあると思います。これからは仕事としてもいいところだと思ってもらえたらよいと思います。新しい働き方や温泉旅館の利用の仕方が広まれば」

 新型コロナが生んだ新しい働き方。皆さんも一度体験してみてはいかがでしょうか。

県内ニュース一覧へ戻る