石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

日本のEEZ大和堆付近 中国漁船が“違法”なのに…国が『日本の漁船』に海域入らないよう求める

10/07(水) 12:02配信

この記事を

 能登半島沖の大和堆付近で中国の違法漁船が急増していることから、水産庁はトラブルを回避するため、能登のイカ釣り船に付近での漁を控えるよう求めています。

 中国の違法漁船が急増しているのは日本の排他的経済水域にある大和堆付近の海域です。

 水産庁によりますと8月以降、大和堆に侵入する中国漁船が急増し、退去警告を行った数は9月末時点で2586件と去年の同じ時期と比べて3.5倍に増えました。

 一方で、北朝鮮の漁船は今年はほとんど姿を見せず、退去警告は1件だったということです。

 水産庁は「今後も大和堆の取り締まりを強化する」と話していますが、イカ釣り船の船長からはこんな声が…。

イカ釣り船船長:
「中国船が姿を見せたら、取り締まり船は日本船を入れないようにしている。トラブルが起きれば良くないといって」

 水産庁は10月に入り、日本の漁船に対して問題となっている大和堆周辺の海域に入らないよう求めていて、関係者からは対応がおかしいと批判の声が高まっています。

 県漁協小木支所は日本の漁船が自由に操業できるよう国に対し要望することにしています。

県内ニュース一覧へ戻る